プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

「三国志」プレイ体験談⑫

「「三国志」プレイ体験談」第12回目です。、
現実の世界、と言っても「三国志演義」自体が所々フィクションでして、完璧な史実とはいいがたいのですが、そうした世界における埋伏の計と言うのは非常に難しい物でして、ばれて埋伏者がひそかに始末されるか、あるいは気づかないふりをして逆に利用されるなんて事がありまして、容易ではありません。
ここで言う埋伏の計と言うのは、ある者が敵に降伏したふりをして、敵の内部に飛び込んで、内部かく乱を目指す物でして、敵からすれば、その人間の降伏が本物か偽かの判断が容易でない事から、容易にうまく行く物でない事は繰り返しても強調できる事であります。
しかしゲームの中では、その役目は単純な物でして、それだけに比較的容易にうまく行く物でした。「三国志Ⅳ」における埋伏で目指す物は、現地の情報提供と言う物もありますが、一番の目玉となるのが、いくさの時に「寝却って」元々の敵の兵力の一部を「横取り」すると言う物であります。
そこでは、必ずしも本気でいくさに勝つ必要はありません。よしんばそのいくさにおいて敗北するにしても、埋伏武将の「寝がえり」によって「横取り」した敵の兵力を失う事はなく、撤退させることができます。そのために逆転の発想で、ゲームの初期の段階においては、徴兵によらず、いわんや再度の施しなど必要としない兵力増強の手段として、埋伏が使える計略と言えるのです。
それは、隣接するよその君主が統治する都市に、誰か、忠誠度が高くても余り使い道のない武将が主に選ばれる所ですが、その武将を送り込んで、その君主に採用された後で、少数の兵力で攻め込むのです。そして、埋伏武将に対して寝返りの勧告を行います。普通の武将でも、忠誠度によっては寝返る事がありますから、運が良ければ、そのついでで、はなからのよその武将の寝返りを促して「連れ去る」と言う事も良いでしょうが、まずは埋伏武将に対する寝返り勧告を行います。これは確実に寝返ってくれるので、それが完了したら、撤退の時に捕まらないように、ある程度的との距離を取ってから、元の都市への撤退を行います。
このような事を行えば、その君主との敵対値が上がりますが、その代わり、こちらの兵力を増やして、相手の兵力の漸減も可能となります。まあ、その君主が多数の武将を「横取り」できる兵力もたかが知れていますが、初期はこれの繰り返しで相手の君主の兵力を減らしてから攻め込むと言うのが良いでしょう。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 













スポンサーサイト

<< 日本海はるかかなた/狂気のフュージョン | ホーム | こだわっているのは役目か名前か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP