プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

だから一緒に韓国へ移住させればいいじゃん

高裁が強制退去取り消し…名古屋市の韓国籍40代女性 身寄りのない夫との生き別れ配慮

 不法残留で強制退去を命じられた名古屋市に住む韓国籍の40代女性が、国の処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁(藤山雅行裁判長)は16日、「結婚した日本人男性からドメスティックバイオレンス(DV)を受け離婚したが日本語ができず在留期限を認識できなかった」と判断し処分を取り消した。一審名古屋地裁は原告の請求を棄却していた。

 藤山裁判長は判決理由で、女性は離婚後も韓国の親族に事情を打ち明けられず滞在を続けてしまったと指摘。その後、再婚もしており「退去させれば他に身寄りのない現在の夫との生き別れを強いることになり、著しく人道に反する」とした上で「処分は不法残留の深刻な事情を無視しており、裁量権の逸脱で違法」と結論づけた。

 二審判決によると、女性は男性と結婚し平成15年3月に来日したが、男性のDVが原因で同年11月に離婚した。現在の夫と再婚後の26年1月に入管難民法違反(不法残留)容疑で逮捕され、同8月に退去強制令書発付処分を受けていた。

 名古屋入国管理局は「判決を検討し適切に対応したい」としている。


なんても、この裁判長は、昨年のブラジル人のひき逃げ事故においても、家族の別離にならないために国外追放にしないで済ましたのです。例によって、どうしてこうも国外追放をかように否定的にみなすのでしょうか。単によその国に移住してもらうだけの事でして、その韓国人にしてみれば、元来の祖国じゃないですか。別段否定的に考える必要もないでしょう。そして新たな夫にしてもです。一般人に比べれば、相手の国に関する理解があってしかるべきでして、別離が嫌ならば、一緒について行けば良いのです。別段、不法滞在者の国外追放と離婚、ないし別居とは合一ではないのです。外国へ移住する分にはちょんぼじゃないはずです。どうして、最大限、それがない事が前提で物が考えられるのか。そうした人間こそ、最も外国差別をしていると言っても良いのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 













スポンサーサイト

<< のん兵衛の飲酒の如く犯罪が多いから | ホーム | 肥満者相手だと手間がかかるのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP