プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ただにはだらしない所がある我が国

戻らぬ雨傘、2100本不明に 無料貸し出し 新幹線開業の新サービス廃止に

昨年3月26日の北海道新幹線開業と同時に函館市内で始まった雨傘の無料貸し出しサービスが22日、本年度で廃止されることが決まった。昨年12月末までの実施期間中、用意した2300本の雨傘は、未返却数が2100本に上った。事業主体の北海道新幹線新函館開業対策推進機構(函館)が市内のホテルで理事会を開き、今月末での機構解散とともに、廃止を正式に承認。承継先を決めた別事業もあるが、雨傘については「傘を安定調達できない。承継先が傘の購入費を出し続けることになる」とし、断念した。

この記事を読んで、「こち亀」がまず連想された所です。派出所の設置された無料傘の貸し出しを行った所、返還率が低かった事に関して、両さんは当然視していた物だから、その直後に、部長がお金を出し合って、しかも両さんからは特別大目に要求して、傘の補充を行った物だから、容易に借りられないようにいきり立ったものでした。
両さんにしてみれば、自分の負担が多い物だから、必ず返すべしと言う思いが著しく増大し、借り人は潜在的な泥棒とみなして、あたかもマンションの賃貸契約の如き煩雑な事をさせたのでして。それでも自主的に返しに来ない者が少なからず出た物だから、返してもらうべき出向くありさまでした。
こうした事に関しては、決して日本人も民度が高いとは言い難いと思います。ただだと思えば、必ずしも律儀に事を運ぶ事なくだらしない事があるのは、昨今問題視されているヤマトなどの宅配しかり、いろんな所で散見できる物です。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















スポンサーサイト

<< 韓国人としての意識を消去できればな | ホーム | 日本定住が当たり前ならば⑫ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP