プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

中国で見るなら、なまりがあっても中国語でいいじゃん

トンデモ抗日ドラマが話題、旧日本軍人なのに中国東北なまり―中国

2017年3月22日、中国メディア・観察者網によると、中国ではトンデモ抗日ドラマが次々に登場しているが、過去に放送された抗日ドラマ「敵後便衣隊傅奇」の奇想天外さが再び注目を集めている。

素手で日本兵を引き裂いたり、股間に爆発物を隠していたり、肉まんに偽装した手りゅう弾があったり、石を投げて敵の戦闘機を落としたりするなど、以前にもさまざまなトンデモシーンが話題になったが、このほど登場人物である日本兵の話す中国語や、抗日部隊の装備の豪華さなどに注目が集まっている。

旧日本軍の旅団長は大佐から抗日戦線ゲリラによる被害の報告を受けた際、「誰がやったのだ?」と言うのだが、それがなぜだか明らかな中国東北地方のなまり。しかも、ゲリラは靖国神社に攻撃を仕掛けるのに1時間もかからない神出鬼没さだと、あせりをにじませる。

抗日戦線部隊の装備もすごい。ゲリラの攻撃から命からがら生きて帰った大佐は、ゲリラは機関銃や高性能爆弾に時限装置、徹甲弾などを装備するほか、磁力兵器まで所持しており、古代から伝わる製造法を駆使して、「あらゆる最新兵器を誰もが手にできるようになっている」と明かし、防弾パンツの開発を大臣に提言した。



>それがなぜだか明らかな中国東北地方のなまり

そんなにリアルさを追求しようならば、「コンバット」のように登場人物の国籍に合わせてキャストも採用しないとね。逆に「レッド・クリフ」では、外国人たる中村獅童や金城武をキャストに得ている有様だし、そのようなこだわりは野暮と言う物ですな。
ちなみにイタリアの戦争映画では、イタリア軍が出ると言う事はめったになかったせいなのか知らんけど、日本で見られるもののほとんどはイタリア語版もまためったになかった物です。
我が国でもTBSで放送された「豊臣秀吉」で明石家さんまが駿河侍の役で登場した物です。登場しても良いのですが、普段の上方弁のまんまででした。静岡県の人間が、何で上方弁をしゃべるんだと言う突っ込みが必要ですな。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< こだわっているのは役目か名前か | ホーム | 狂気を任せりゃ世界一・3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP