プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

みんなと言う他人に対する責任転嫁の掛け声

もうやめた方がいい「社員一丸となって」の掛け声
働き方改革の成功のカギは個人の仕事の「分化」

いま、日本人の働き方が問題になっている。

 その1つは恒常的な残業や長すぎる労働時間、それに有給休暇の取得率の低さである。

 厚生労働省の「毎月勤労統計調査」によると、一般労働者(正社員)の年間総労働時間は2021時間(2014年)であり、フランスやドイツなどと比べて日本では年間3カ月ほど長く働いている計算になる。有給休暇も欧米では100%近く取得されているのに対し、わが国では47.6%(厚生労働省「就労条件総合調査」2014年の実績)と半分も取得されていない。

 長すぎる労働時間や休暇の取りにくさは、ワークライフバランス(仕事と私生活の調和)に支障をきたすばかりでなく、メンタルヘルスを損なったり、ときには過労死につながったりする危険性もある。また女性の活躍推進も重要な政策課題だが、女性の管理職昇進にとって大きな障害になっているのが、やはり長時間労働などの負担増である。

 労働時間の適正化や休暇の取得促進については、労働者自身の関心も高い。たとえば日本経済新聞が行った「ビジネスパーソン調査」(2016年)では、企業に対して重視することとして「休暇の取りやすさ」「労働時間の適正さ」が1、2位を占めている。


要するに我が国の場合は、何の芸もなく、漫然と「みんなで頑張ろう」と言う事を行う傾向が多いと言う事です。前に当ブログで「みんなで頑張ろうと言うだけでは駄目だ」と言うタイトルで書いた事があるのですが、そうした言葉は聞こえは良いのですが、早い話が、最も頑張るべき人間が、みんなと言う他人に対して責任転嫁するだけでしかないと言うのが実態なのではないでしょうか。
一番肝心な人間が、自らの責任で行動する気がないか、効率的に仕事をさせるためにはどうしたらよいかと言う、気の利いた事を考える事をしないで済ますために、そのようなきれいごとでごまかしているだけに過ぎないのだと思います。
この記事の4番目(長すぎるので引用しませんが)には、日本人の仕事に対する熱意は決して高くないと言う記述がありました。要するに、結果としてうまく行った事も、所詮は「みんなで頑張ろう」と言う責任の押し付け合いの中でかろうじてうまく行ったのに過ぎないと言う事を裏書きするだけの事ではないのでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
スポンサーサイト

<< 「猿の惑星」ならぬ「ロボット半島」になったりして | ホーム | 「好きで残業」を当たり前にしてはいけない >>


コメント

問題なのは、精神論的な「一丸」となったあとです。方法論と技術向上とか、そんなんでしょう。ここが各自奮闘努力せよじゃ、しらけるだけです。

みんなが同じ作業を同じ時間するわけではありませんから。もし、それほどみんなの作業が画一的で単純であれば、精神論以前に、時間当たりの成果をあげる手法・技術を向上させればいいだけですからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP