プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国が無能かつ有害な状態のままでいる事が悪い

日本、「先制攻撃できる国」野心…自衛隊、敵基地打撃能力保有を推進

「敵ミサイル基地を打撃できる能力を保有するべきだ」。

日本自民党が政府に対して早期にこうした内容の提言をすると、朝日新聞が29日(現地時間)伝えた。北朝鮮の核・ミサイル脅威が強まっているだけに積極的に対応するということだ。しかし現実化する場合、自衛隊が集団的自衛権を越える武力行使に出る可能性もあり、激しい論争が予想される。

自民党内の「弾道ミサイル防衛に関する検討チーム」が整理した提言によると、敵の基地に対する攻撃能力保有と弾道ミサイル防衛システム(BMD)強化についての検討を政府に求める計画だ。BMDの場合、高高度防衛ミサイル(THAAD)システムと地上型イージスシステムの導入が骨子。

自民党内でこうした議論が急進展したのは、6日に北朝鮮が発射した弾道ミサイル4発のうち3発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落ちた直後だった。

今回の提言にも「昨年北朝鮮は弾道ミサイルを20発以上も試験発射した。新たな段階の脅威に入った」とし、北朝鮮発リスクを前面に出した。その対応策として長距離打撃が可能なクルーズ(巡航)ミサイルなどが挙げられたと、同紙は伝えた。ヤン・ウク韓国国防安保フォーラム首席研究委員は「現在日本はクルーズミサイルを保有していないが、早期に開発できる能力を備えている」とし「すでに航空自衛隊のF-2戦闘機は地下バンカー攻撃が可能な合同精密直撃弾(JDAM)を装着して訓練している」と述べた。

2012年に安倍首相が再執権して以来、日本政府は毎年、防衛費を増やしている。今年の防衛費予算は5兆1251億円と過去最大だ。

日本の平和憲法改正と軍事力膨張に対する懸念がある中、自衛隊の攻撃能力確保が韓半島(朝鮮半島)を危険にするという見方もある。パク・ヨンジュン国防大教授は「日本が韓国との協議なく恣意的な判断で北を攻撃する場合、我々が莫大な被害を受ける可能性がある」と懸念した。


何しろ韓国軍には、親の同意がないといくさに出ないと言う兵士が少なからずいるそうでして、およそあてにならない連中だと言う事です。それだけに自力でやらねばならないと言う意識が強くならねばならない部分があるのです。
それに普段からして反日の連中ですらな。そう言う連中の安泰のために、いらざるリスクを負わねばならない筋合いもない訳だし、ことによったら、秘かに北とつるんで日本攻撃の片棒を担いでいるかもしれないと言う懸念もあるのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
















スポンサーサイト

<< 利益認識の乖離288 | ホーム | 韓国は他力本願の寄生虫根性こそ突破すべし >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP