プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いんちき承知の偽中国語

日本でにわかにブームの「偽中国語」、中国で驚きの声

2017年3月28日、日本でネットユーザーの考え出した「偽中国語」がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でブームになっており、それが中国でも注目されている。

日本語はもともと独自の文字言語を持たなかった。中国から導入した漢字と、漢字の草書体から生まれたひらがなやカタカナを混在させ、現在の日本語が形成されたが、古くは仮名文字がなかった時代の「万葉集」のように、すべて漢字で表記した歌集もあった。”

日本のツイッター上で流行っている偽中国語も、すべて漢字で表記され、語順は中国語とは異なるものの、中国語の「很寒冷」は「大変寒冷」(とても寒い)のように、日本人だけでなく、中国人にもおおよその意味が分かることから、偽中国語と呼ばれるようになったという。

偽中国語がネット上に現れたのは2009年ごろ。現在では、「偽中国語研究会」まで作られるほどの人気ぶりで、中国人の参加も少なくない。

偽中国語の「貴方明日何処行?」(あなたは明日どこに行きますか?)のような言い方には、中国のポータルサイト・百度(バイドゥ)でも、「まるで昔の文語文みたいだ!」と驚きとともに、好意的にも受け止められており、偽中国語が日中の民間交流に新たな可能性を生むかもしれないと記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)


偽は偽でも、そこでは始めからいんきちだと割り切ってやっている分、罪がないでしょう。それにしても、それらしく漢字を積み重ねて行く有様は何やらドイツ語の合成名詞に通じる所がありますな。コメントの下の方の言葉はべらぼうに字数が多いです。

>中国人自信過剰攻撃的厚顔無恥利己主義人権無視拝金主義難癖少数民族弾圧。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
















スポンサーサイト

<< 韓国は他力本願の寄生虫根性こそ突破すべし | ホーム | 兵士も士官も魅力的な地位ではない韓国軍 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP