プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

他人に期待する言葉ではない

保育士の労働環境が相変わらず悲惨 「親がモンペだとその子供まで憎たらしくなる」「姫路の事件は氷山の一角」

厚労省の資料では、昨年4月1日で全国の待機児童数は2万3553人。「保育園落ちた日本死ね」ブログにあるように、子供を預けられず仕事に戻れない母親たちにとっては深刻な問題だ。

この数も、親が育児休業中などの場合は集計から除外しているため、潜在的待機児童の数はさらに多い。自治体には保育園や保育士の数を増やして対応してもらいたいところだが、その労働環境は良くない。

スレッドでは、「本当に氷山の一角だよ。内部事情話したらひどいことばかり」知って得することは何も無い」など、現役か元保育士と思われる人物からの暗い書き込みが殺到。中でも人間関係の悪さを挙げる声が多い。

「影で先生達のドロドロすごいです。聞こえるように悪口言うのは当たり前。新人いじめは当たり前。年功序列が当たり前。私は耐えられず辞めてしまいました…泣」
「2年だけ幼稚園で働いてましたが先生たちの悪口がすごい&モラハラがきつくて辞めました」

また、ひどい言いがかりをつけてくる「モンスターペアレンツ」に頭を悩ませる人も。

「本当にモンペだらけなんじゃないかと思うくらい嫌な親ばかりいた」
「親がモンペだとその子供まで憎たらしく見えてくる。あまり態度には出してないつもりだけどこのクソガキが!と心の中で思ってる」

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いの諺もあるが、親がひどいと、罪のない子どもに優しく接するのも難しくなってしまう。

園長「皆自発的に残っている。だから残業代はない」

長時間労働も深刻だ。

「毎日の連絡帳に加えて、日誌、日案、週案、月案、個別の発達計画など。 とにかく書類に追われている」

こう業務量が多ければ昼休みはもちろんのこと、有休が取れないのはザラだ。

「休憩なし。有休とれない。行事前の準備も残業代なし。夜は会議や研修。シフトにもよるけど、朝6時半に出勤して夜21時退勤とかになる時も普通にある」

しかしこれだけ仕事をしても給与は低く、「残業代は支払われたことは無い」「サービス残業は毎日」という書き込みが相次ぐ。園長から「皆自発的に残っている。だから残業代はない」と言われたエピソードを書いた人がいたが、これはアウトだろう。

「同じ手取り16万円なら汗水垂らして腰痛めながらの肉体労働である保育士より、綺麗なオフィスの事務職の方が100倍いいよね」

という意見も。待機児童問題を解消するためには、保育士の待遇を改善しないことには始まらないだろう。


今回もっとも注目したのは、
>園長から「皆自発的に残っている。だから残業代はない」

と言う所であります。あいも変わらず、このように他人の自発的の行為に甘えて、一方的に得をしっぱなしになっている状態はずるいです。この自発的と言う事は、あくまで自分自身の心得として胸に秘めている分には良いでしょうが、安易に他人に期待する事ではありません。
前に「知恵泉」にゲストで出演した事のある、テーマパークの再建に貢献した、森岡氏が「出世や給与のために生きるのではなく」と言う言葉も、自分自身の心得にとどまっている分には良いでしょうが、よその経営者に利用される可能性があっては、決して褒められた物ではありません。
いわんや、自動二輪の社長たる徳重徹は、はなから他人に自主的な事を期待していると言うか、その上を行く、はなからそうであると言う前提の発言をしている点で糞なのですよ。従業員が万人成長したがっていると言う話も、所詮は、万事他人任せで逃げていて、何の手助けもしないで済ましているのみならず、裏では自主的にと言う風に強制しているだけなのではないでしょうか。そのように思えてしまうがために、この御仁に対して、この番組の出演者中、最も好感が持てないのです。

クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 3番目では自慢にならん | ホーム | 利益認識の乖離288 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP