プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

1人1人の分の負担が少なくなるから仕方がないか

市村正親、1人8役でも「ギャラは1人分」

俳優・市村正親(68)が6日、東京・有楽町の日生劇場で主演ミュージカル「紳士のための愛と殺人の手引き」(8〜30日)のPR会見を行った。

 1900年頃の英国を舞台に、伯爵になるため継承者たちを次々と殺す男(ウエンツ瑛士、柿澤勇人のWキャスト)を巡るコメディー。女性役を含め殺される8人を1人で演じる市村は「8役だけどギャラは1人分」と笑わせた。最短で32秒の早替えに挑戦するが、ウエンツは「僕がセリフを巻きめにいうと(32秒が)30秒になります」と市村を見てニヤリと笑っていた。


まじめに言って、それは仕方がありますまい。同時に複数の役は演じられません。おかげで1人1人の役に関しては負担が少なくなっているでしょう。強いて人数分のギャラを得んと欲するのならば、製作の段階で別個別個に演じて、それを映像にする段階で合成するしかないでしょうが、そもそもそのような事を前提にキャスティングがなされるはずもありますまい。ましては、これは生で見られる事が前提で製作される物ですから、それすら不可能ですな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

<< 単なるパクリの分際が発展もあった物ではない | ホーム | みんなが嗤う・追加2 >>


コメント

量より質の基準でしょうか。まあ、何人も配役するよりはプロデューサーにとっては安くついたでしょうね。
1人8役の劇の効果があったかどうかも知れませんけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP