プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ねたみの心理28

「ねたみの心理」第28回目です。
時たまニュースの特番で脱税をする人間に対する取り立てに関する事が放送される事があります。脱税をする人間は、そう言う場面に出くわすと、往々にしてどうでも税金を払わないで済まそうと、ひたすら白を切るか、強硬に抵抗すると言う事があります。
そうした場での税金の取り立ては必ずしも現金で行われるとは限らず、後日、諸所の手段によって売却して現金化する事を前提に、何からしらの金目の物を探して持って行ってしまうと言うやり方もあります。
滞納者からすれば、必ずしも自宅に現金を持っている訳ではなく、また、結果的に税金をばっくれてしまっている物だから、滞納額も相当な物になってしまっている事から、そのような現金以外の物によって納税を強いられる事がある物ですが、中には現金で納めるのにも大して苦労がない程度の滞納額でとどまっているケースもありました。
税金の法律によれば、借金の利子のような延滞税は税金そのものに対してのみ付くのであって、延滞税に対しては付かないと言う事から、大抵の場合は、税金本体自体すら滞納してしまう事で、時を経るごとに延滞税が積み重なってしまう物なのですが、中には悪知恵を巡らしていると言うか、せこいと言うべきか、税金本体のみを払って、延滞税の方はひたすらばっくれようとした人もいました。
その場合、延滞税にはさらに延滞税が付くと言う事がない物だから、そのおかげで、よしんばずっと滞納状態にしておいても、滞納額が膨れ上がると言う事がなく、そのおかげで、そのケースに関しては、滞納分を納めるような事態になっても、それほど苦労しないで済むはずなのでした。実際、その滞納者は結構なお家を購入して、その程度の納税に苦心惨憺するほどとは言えないはずでしたのですが、こうした特集の倣いと言うべきか、すんなり納税に応じると言う事はありませんでした。
さて、ここで思い付く事として、脱税もまたねたみで成り立っていて、しかも、それは必ずしも自分自身の利害とは無関係に成り立つ物なのではないかと言う事であります。納税もまた、自分が割を食って、逆に徴税をする側が、少なくとも納める側の主観からすれば得をする事ですから、そこには十分ねたみが生じる余地があるのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< いずれにしてもまだまだこの程度では甘いのだ | ホーム | どうせ「インターナショナル」一筋なのだろう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP