FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

国籍と定住権③

最近新聞で見た分では、外国人看護婦の試験の合格率が高まってきているようです。あいも変わらず、最大の難点として「日本語の壁」なんて事を言う馬鹿どもがいるようですが、曲がりなりにも、これは自分自身の条件を整えると言う事が前提条件となっている所から、試験において不正と言う事でもなければ、不道徳や犯罪とは縁遠い事となっています。
それに引き換え、他人の立場に便乗して日本にいつこうやからの行為に関しては、不道徳や犯罪が多い事が指摘されます。既に国際結婚に関しては、日本への定住が結婚の過程で必然となっている以上、元々その種の資格や能力が存在しているべきである事が指摘されるべきではないかと書きました。
始めからそれらの物を自力で獲得して日本にいついているのであれば、別段結婚などしなくとも、日本への定住に難が生じるはすがない訳でして、それならば結婚と言う行為ももっと大真面目な視点で考えられるでしょう。
しかし、現状としては元々その種の物を持たずとも、結婚によって、配偶者に便乗する形で、本人の資格や能力が問われる事なく、容易に定住権が獲得できてしまうと言う問題があり、そのためにそれ目当てで不道徳や犯罪が往々にして生じてしまっています。
たとえば、日本人と結婚して、少なくとも3年間その関係が存在していたならば、離婚しても、配偶者に便乗せずとも、定期的に在留許可の申請と言うわずらわしさから解放されて、永住権が得られると言う事から、元来、幸福の象徴的な結婚が、縁切り寺での辛抱のごとく用いられるなんてケースがあるそうです。
偽装結婚と言う概念も同じ事が言えます。結局の所、他人の立場に便乗する発想からの物に他なりません。しかし、少なくともそれらは日本に居つく事を欲する本人だけで事に臨むだけまだましと言え、もっと悪質な物は子供の立場に便乗すると言う行為でしょう。
その代表的と言えるのが、国籍法改悪に伴う、私生児の国籍認定に便乗する物であります。元来、親が子供を養うと言う常識に従えば、仮に子供の国籍を日本と見なす事を正当化しようならば、引き取る親が日本人と言う前提に限られるべきでした。
しかし、国籍法改悪と称するのは、別段、一緒に暮らすでもないのに、問答無用で日本人たる父親に私生児の国籍を合わせると言う事をやるからです。フィリピン人の母親にしてみれば、その男と結婚して一緒に暮らすと言う事を望まないで、子供にも一緒に暮らさせようともしないくせに、子供にとっての血統上の父親と言う立場だけを利用して日本国籍を取得させ、そうしてできた子供の立場に便乗して、「日本人の母親」として日本に居つくと言う本来の願望へと結びつけたのでした。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 史上最大の潜水艦隊・デーニッツ伝26 | ホーム | 国籍と定住権② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP