プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

どこでも大かれ小かれそんな物だろう

なぜ日本は外国人観光客を大歓迎しながら、在日外国人を差別するのか―華字紙編集長

2017年4月11日、中国のポータルサイト・今日頭条は、日本で暮らす外国人への差別がしばしば発生する理由に関する評論文を掲載した。

筆者は、華字紙・日本新華僑報の編集長である蒋豊(ジアン・フォン)氏。蒋氏は、世界で日本旅行の人気が高まっている一方、日本国内における外国人への差別が数多く発生していると指摘。法務省が3月に発表した調査結果で、在日外国人の3割近くが「差別的な言論を受けたことがある」と回答したことなどを伝えた。

その上で、「必死に外国人観光客を呼び寄せてお金を集めようとする一方、外国人にノーを突き付けるという日本社会の二面性は、実は意外なものではない」とし、二面性が成り立つ背景について論じている。

まず、「資源が乏しいことによる排他的な文化が日本社会に深く影響しており、表面的には謙虚で礼儀正しいが、内心には弱肉強食の競争心がなおも残っている」とした。次に、「経済発展を遂げた日本社会や日本人は長きにわたり優越感を抱いてきた」とし、「途上国に対して日本の基準を持ち出す日本人や日本の業界は多い。高圧的な心理はなかなか元には戻らない」と説明した。

さらに、「社会問題が山積して自らの生存や発展が危ぶまれる日本国内の状況が、台頭する外国との競争や大量の外国人流入に対する警戒心や排他的な姿勢を抱かせており、それが差別となって表面化している」と分析。最後に「日本が積極的に国際化の看板を掲げたいのならば、在日外国人の生存環境改善から取り組み、『心の病』を徹底的に治さねばならない」と結んでいる。(翻訳・編集/川尻)


観光と定住とを同列にできたならば、「おもひでぽろぽろ」の主人公も最後になって、自分の浅はかさを自己批判して、翌日まで逡巡すると言う事はなかったのですけどね。観光と定住とではおのずと違う事が求められるのです。観光客の感覚のまんまで定住されたら迷惑がられるのは当然です。
観光客に対してもそれなりの便宜を図ってやると言う事は良くある物ですが、定住者が相手では、それとは比較にならない便宜が必要になって来る事もあり得る訳でして、それを思えば、できればそうした連中なんぞ来て欲しくないと思う人間が少なからずいても決して不自然な事ではありません。

>在日外国人の生存環境改善から取り組み
こんな事を高飛車とまで行かずとも、当然の権利のように要求するようでは、ますますうざがられるのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 特亜の無進歩な思考こそ問題だが | ホーム | 世界で1番気違いの国・1 >>


コメント

差別しても差別しても、日本に来たがる中国人が多くて困るんですけどね(笑)
レコチャの寄稿者は、この分析をちゃんとするべきです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP