プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

学ばずとも「我が闘争」以上の事を実践する国もいるからな

日本がヒトラーの「わが闘争」教材使用可能の答弁書、中国批判「ファシズムは徹底排除を」―中国メディア

2017年4月18日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道局長は、日本政府がこのほどナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「わが闘争」の教材使用を「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定したことについて、「ファシズム思想は徹底的に排除しなければならない。日本は正確な歴史観を若い世代に教育すべきだ」と批判した。中国日報が伝えた。

陸報道局長は「わが闘争」について「どのような本であれ、世界には公的な議論がある。ファシズムと軍国主義思想は第二次世界大戦の禍根(かこん)であり、徹底的に清算され、根絶されなければならない。歴史の根本にかかわるような問題は、一点たりともあいまいにすべきではない。日本は正確な歴史観を若い世代に教育すべきだ」と述べた。

日本政府の決定に対し、日本国内でも疑問と議論が噴出している。ネット上では「政府は本当に狂っているのか」「ヒトラーは全世界、人類の敵だ。(答弁書が)世界にどんなシグナルを発信したか分かっているのか。信じられない。許せない」などの声が上がっているという。(翻訳・編集/大宮)


ヒトラーはムッソリーニと違って日本人を見下していました。純然たる人種理論からすれば、ナチ党を立ち上げる以前からハンガリー人と同じ国で同居する事を嫌がって、それでハプスブルク帝国を否定していた物ですが、実際にはリアリズムの視点から後には同盟国に加えた物です。ヒトラーにとっての日本は本来その程度でして、そんな人間の作品を元にして何やらやばい事をたくらむだなんて考えは悪い冗談としか思えませんな。
よしんばそれを教材にしたからと言って、必ずしもそれを礼賛しなくてはならない筋合いなどはなく、そもそもそう言う事を前提に認めた訳でもありますまい。はなから教材に従って、礼賛に突き進むのは共産主義の方ではないのですかな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 要するに韓国特有のねたみだな | ホーム | 土地の征服よりもこいつらの皆殺しが必要だと思う >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP