プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

朝鮮戦争の中身からすれば的外れには思われない

【社説】「韓半島は中国の一部だった」という中国の対韓認識

中国の習近平国家主席がトランプ米大統領との首脳会談で「韓国は実質的に中国の一部だった」と語ったことが後日になって明らかになった。トランプ大統領が会談の様子を伝えたもので、正確かどうかはまだ分からない。どんな脈絡で飛び出した発言なのかも確実ではない。しかし、多くの中国人が「韓半島は中国の一部だった」と考えていることも事実だ。中国は2002年から5年間、「歴史工程」という国家事業を通じ、隣接国の歴史を全て中国史に編入しようとした。韓半島についても高句麗と渤海を中国史の一部に組み入れた。中国人のこうした認識は20世紀以降のアジアで起きた大きな変化や現実に対する反感、隣接国に対する前近代的な覇権意識の表れだ。

 中国は終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に関連し、韓国の説明を聞こうともしないまま、とにかく拒否している。さらに強力な日本のTHAADレーダーには全く触れず、用途自体が異なる韓国のTHAADだけを問題視している。現在は稚拙な報復にまで及んでいる状態だ。結局THAAD自体ではなく、この機会に韓国を手なづけ、韓米同盟から少しずつ切り離そうと考えているとしか思えない。その根底に「韓半島が中国の一部だった」という考え方が潜んでいる。

 トランプ大統領が会談内容を明かしたことから、トランプ大統領が韓半島の歴史に無知だという点がはっきりした。米中首脳は小国ではない他国について、歪曲(わいきょく)された事実をやり取りしてうなずいた。そうした様子をしっかりと観察しなければならない。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


>トランプ大統領が韓半島の歴史に無知だという点

白人連中にしてみれば、有色民族の国の歴史なんて物は大して理解がないにしても、別段驚く事ではないでしょう。ましてや韓国のようなちんけな国ではなおの事でしょう。しかし、誇大妄想の気の強い韓国としては、自国の存在が高く評価査されていると言う風にあらねばならないと言う考えが強いですからな。
アメリカにしてみれば、朝鮮半島との直接のかかわりを持ったのが朝鮮戦争でして、その時、韓国は国連軍の中でアメリカを上回る最大の兵力を提供した物ですが。まあ、それは地元だから当然と言えばそうなのですが、その割には大した貢献をしているようには感じていなかったことでしょう。いくつかできた映画からすれば、そしてイタリア製の朝鮮戦争映画と言う物に出くわす事はなかった事もありますよ。
そうした朝鮮戦争映画においては、アメリカ軍対人民解放軍と言うのがご定番でしたから、アメリカ人の一般的にな認識としても、韓国が中国の一部だったと言う中国側での主張に関して、対して抵抗感なく受け入れられたのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 姦酷情けない・追加3 | ホーム | 利益認識の乖離290 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP