プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

利益認識の乖離291

「利益認識の乖離」第291回目です。
「いきなり黄金伝説」の節約バトルに参加するタレント(主に芸人)にとっては、それも仕事の範疇と言う事であります。決してそれしか仕事がないと言う訳ではなく、往々にしてよその仕事とのかけ持ちでの参加と言う事になりまして、そのかけ持ちの最中で、楽屋において弁当の支給がなさる事がありますが、節約バトルでのルールにおいては、外部において用意された食事を食べてはいけないと言う事であります。そのために建前としては支給される物の、事実上は辞退と言う事に他ならず、参加者がどこかのグループの1人であったならば、そうした弁当はよそのメンバーによって消費されてしまうと言う事もあり得ました。
それと反対に、「内輪」でならば、例えばコンビニ弁当を購入すると言う事はちょんぼではありませんが、たった1万円からの出費となれば、必然的に大きなダメージとなる事から、そのような事を行う事は現実としてあり得ない事でした。
さて、この節約バトルのルールからするに、現実がどうであれ、建前からすれば、まったく仕事がなく、ナマポよろしく支給された1万円のみで食費、光熱費を賄うべしと言う事が求められている訳ですから、現実の少なからずの人間が仕事のために時間に事欠くのと反対に、それらの参加者にとっては時間余りの状態にあるのです。
そのために、一般社会においては「お金に糸目をつけない」と言う言葉がありますが、節約バトルの世界においては「時間に糸目をつけない」と言う考えが優先されるべきでした。
「お金に糸目をつけない」と言うのは、お金を潤沢に持っている人間の発想でして、節約バトルの世界においては最もべからざる発想でして、その代わりに「時間に糸目をつけない」と言う事を意識せざるを得ない状態にあったのです。そのために往々にして、ごくわずかのお金の消費を抑制するために時間的な物は度外視した行動が目立った物でした。その一例として上げられるのが、できるだけ安価で済む食材を求めるために、自転車を駆って、何時間もかけて遠方のスーパーまで出かけて行くと言う事でした。
そしてもっと極端なのが、濱口優によって行われた、山中、そして海っぺリに出かけて、魚とりに高じると言う物でした。この行動が後になって「無人島ゼロ円生活」へと「発展」して行くのですが、そこでも食料獲得のためには時間の消費度外視で深夜にまで及ぶと言う事が頻発したのでした。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 









スポンサーサイト

<< いわゆる因果応報としか | ホーム | 犬豚程度で済めばまだましかと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP