プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本定住が当たり前ならば⑯

「日本定住が当たり前ならば」第16回目です。
国籍法改悪しかり、カルデロン事件しかり、しかるべき連中からすれば子供の人権を強調していましたが、自分に言わせれば、それならば、それに合わせて親の役割とか義務とかが問われるべきではなかったでしょうか。しかし、これまでいろんな所で子供の人権が強調されては来た物の、それに合わせて親の役割と言う物が強調されてきたと言う事があったとは言えません。それだけに子供の人権なんて主張をされても空々しいだけでしかないのです。所詮は万事が親のエゴや怠慢に帳尻を合わせるべく、事もの人権が上っ張りで強調されたのに過ぎないのです。本気で子供の人権が強調されるのであれば、これまで彼らが主張して来た内の多くは否定されなくてはいけないでしょう。
彼らにしてみれば、自分の発想は一見差別に基づく排外思想に他ならないでしょうが、むしろ彼らの方こそ、外国を見下す本音があればこそ、無分別に日本受け入れを主張して、独りよがりの平等思想にふけっているのに過ぎないのです。真に子供の人権を強調するのであれば、彼らを受け入れるべきではないと言う発想も必要なのです。
さて、個人の道楽と言う事に話はずれまして、「機動戦士ガンダム」は外国にまで知れ渡るほどの知名度がありまして、自分自身も古くからその存在は知っていた物の、その気になれば今はMXにおいて「ガンダムSEED」の放送がある訳ですが、格別「北斗の拳」のような発想に至る事はなく、スルーのまんまであまりす。
それに比べて、近年その存在に気付いた「銀河旋風ブライガー」、今ではその続編たる「銀河烈風バクシンガー」がMXにおいて放送されています。それらの製作会社である国際映画社の作品の中では、これらは人気度が高い方でしたが、それでも「ガンダム」に比べれば知名度などは高か知れているでしょうが、主観的にはこちらの方が大絶賛状態なのです。
まあ、もっぱらテレビでリアルタイムでしかと言う昔と違って、今ではあれもこれもと言う事が可能になったと言う事がアニメーションでは可能になっている物ですが、移住となれば、あれもこれもと言う訳には行きません。必然的にあれかこれかと言う事になりまして、その結果、失う物もあると言う事があるのです。その時、ある者にとっては彼らなりの「ブライガー」があるのにもかかわらず、一概に知名度が高いと言う事から、より価値の高い物だからとして「ガンダム」を「押し付け」られると言う事になってしまうのではないでしょうか。必ずしもそれが本人のためになるとは言えないでしょう。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 性犯罪が多い国では駄目かと | ホーム | 当然国内で解決すべき事だ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP