プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

別段韓国の思惑が大利って訳じゃなし

【コラム】日本軍に爆弾投げた尹奉吉と韓中関係

29日は梅軒(メホン)尹奉吉(ユン・ボンギル)義士(1908-32)の中国上海虹口公園義挙85周年となる日だ。日帝強占期間に踏みにじられた韓国人の心を晴らした快挙であることを知らない人はほとんどいない。25歳の青年・尹奉吉は85年前のその日、天皇誕生日を記念した日本軍首脳部に水筒型爆弾を投げた。1909年10月に安重根(アン・ジュングン)義士(1879-1910)のハルビン義挙に続き、大韓独立に対する熱望を表出した。

尹義士は中国人にも大きな衝撃を与えた。中国国民党を率いた蒋介石(1887-1975)がそうだ。義挙の直後、「中国の100万の大軍もできないことを朝鮮の一人の青年がしたのだから感激だ」と述べた。尹義士に対する感謝から中国にあった大韓民国臨時政府を全幅支援したりもした。このような流れは1943年12月に韓国の独立が国際的に初めて合意されたカイロ宣言まで続いた。尹義士と中国の縁は今でも続いている。尹義士の故郷の忠清南道礼山郡(イェサングン)で毎年開催される「尹奉吉平和祭り」に中国は8年連続で参加している。29、30日の2日間行われる今年の祭りにも、ハルビン安重根記念館、ハルビン731部隊罪証陣列館の関係者ら4人が訪れる。細菌マルタ部隊など日帝の蛮行を説明し、北東アジア平和音楽祭など付帯行事にも参加する予定だ。

しかし今年は少し違う。何よりも訪韓団規模が以前の半分ほどに減った。昨年は大韓民国臨時政府所在地の上海・杭州・重慶記念館、安重根義士が殉国した旅順監獄の関係者など約10人が訪問した。その前も状況は似ていた。韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備決定に対する中国側の反発という声が聞こえる。

丈夫出家生不還--。尹義士が故郷を離れてはるか上海へ向かいながら残した言葉だ。「男が家を出れば志を成し遂げるまで戻らない」と誓った。青年尹奉吉の決意を改めて感じる。「男が世の中を生きていくこと、その志は大きい」という安重根義士の「丈夫歌」も思い浮かぶ。個人はもちろん国際関係もそのような大きな志が重要だ。危機の北東アジア情勢を解決していくカギになる。日帝の欺まん策により韓国と中国の農民が流血衝突した1931年の万宝山事件が解決したのも、尹義士の義挙がきっかけになった。目の前の小利に両国の大利を縮小する中国の態度が残念だ。

パク・ジョンホ/論説委員


そもそも、ここで御大層に言っている両国の大利自体が、眼前の小利でしかなかったのかも知れませんね。それは別としても、中国からすれば、当時だってせいぜいの所が、自身の利益のために韓国人のテロリストを利用したのに過ぎないと言う風に解釈すべきでしょう。いずれにしても、彼らにも彼らなりの追求すべき利益があるのであって、韓国が追求したい利益とは必ずも合一とは言えないのです。
上の話は「せいぜいの所が」ですからね。果たして利用できるほどの価値があったかすら怪しい物です。だいたい朝鮮戦争の時には両国って敵対関係にあったじゃないですか。それを思えば、今両国が敵対関係になったって別段異常な事でもないでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 









スポンサーサイト

<< 絶倫ロボに見る男女の性差34 | ホーム | 自力で在留資格を獲得しない奴らにそんな資格はない >>


コメント

>中国国民党を率いた蒋介石(1887-1975)がそうだ。義挙の直後、「中国の100万の大軍もできないことを朝鮮の一人の青年がしたのだから感激だ」と述べた。

お世辞でしょ。
その義士のお仲間は、高麗棒子と中国人に忌み嫌われてたし、その蒋介石の末路を見るとね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP