プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全ての国に対して等しく認識も注目もできない物だ

【萬物相】無知と偏見、歴代米大統領の対韓認識

歴代の米国大統領は例外なく韓半島(朝鮮半島)についてさほど詳しくはなかった。中には無知とも言える人物も複数いた。旧韓末に駐米公使を務めたホレイス・ニュートン・アレンは自らの職をかけてこの問題を大統領に訴えた最初の米国人だ。当時のセオドア・ルーズベルト大統領の韓国に対する偏見もひどく、有能な日本人が無能な韓国人と韓半島(朝鮮半島)を支配し、ロシアの太平洋進出をけん制する必要があるとの考えを持っていた。

 アレンは1903年、ルーズベルト大統領に対し「安全保障や経済など様々な側面から考えれば韓半島は放棄すべきでない」と直接訴え、その上で「全ての利権を持ち去ろうとする日本が韓半島を支配すれば、米国は満州で何も手にすることができない。結果的に米国は欲深い日本と太平洋で争うようになるだろう」と主張したが、この読みは非常に正確だった。しかしそれから数日後、大統領はアレンを解任してしまった。それまで日本が大統領に注入してきた偏見に捕らわれていたからだ。

 トルーマン大統領は6・25戦争(朝鮮戦争)への参戦を決め、韓国を救った大統領だ。しかし韓半島に対する知識はさほど深いわけではなく、戦後、日本の軍事的、経済的復興を支援し、東北アジアと韓半島の安全保障を一部日本に任せようとした。これも韓国人と韓半島の情緒を全く知らなかったことから来る考え方だ。李承晩(イ・スンマン)大統領は手紙で「韓国人はもし日本の支配を再び受けるのであれば、むしろ共産主義を選ぶだろう」と米国に何度も訴え、韓半島の事情を説明し続けた。今の韓米同盟はいわばこのような努力の結実でもあるのだ。

鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


それは仕方がないのではないでしょうか。この点では韓国ばかりが自意識が高すぎるのみで、世界的には大して注目されるような国とは言えないでしょう。そして、朝鮮戦争がなければ、もっと関心の対象外になった事でしょう。この点ではベトナムにも言える事でして、ベトナム戦争あればこそ、1つの視点からすれば、後世にまで大きく注目される国となったのではないでしょうか。そしてベトナム戦争では現地の人間が何かしらの形で戦いに加わっていた事がアメリカでも大きく認められていましたが、それに比べて韓国の場合は、どちらかと言うと、アメリカ軍と人民解放軍のはざまで苦労したと言う程度の認識しかなかったのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 当然国内で解決すべき事だ | ホーム | 拒否られる事もあり得るとは考えないのか >>


コメント

韓国誌の記者って、どうしてこうも他国は韓国のことを知っていないといけないかのような前提の記述をするんでしょう。大きくなったかまってちゃんです。

>トルーマン大統領は6・25戦争(朝鮮戦争)への参戦を決め、韓国を救った大統領だ。

まったく歴史認識がおかしいですよね。
米国の利権を守ったのです。西太平洋の海洋利権と大陸の橋頭堡の利権を。それを「韓国を救った」はお寒い限りです。
満州から半島に日本が進出させると、米国の利権を損なうというロジックをしたあとで、これだもの。
それが絞り込まれたのが現在の半島でしょうにね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP