プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

不二子る事に失敗

お金のために中国人と結婚したはずが…カンボジア女性を待ち受けていた現実―米メディア

2017年5月2日、中国紙・参考消息(電子版)は、金銭目当てで中国の農村男性と結婚したカンボジア出身の女性が結婚を後悔しているとする米メディアChinaFileの報道を伝えた。

この女性はカンボジア・コンポンチャム州の農村出身。家のためにお金を稼ぐ機会に恵まれなかった女性は、テレビで中国が豊かな国であるとを知った。そして、32歳の時に村の人物の仲介を経て、中国江西省の農村に住む52歳の男性と結婚、中国で結婚生活を始めた。

夫との間に2人の男の子を生んだ。夫は優しいが、現地の知り合いは別のカンボジア出身妻1人だけ。女性は孤独を感じていた。しかも、夫は短期労働者で収入が低く、一家4人を養うのも大変な状況。「豊かな国」でのより良い生活や、仕送りで実家を楽にさせる期待は泡と消え、中国での結婚を決意したことを後悔するばかりだという。

中国では男女の人口バランスが崩れており、男性が女性より非常に多くなっている。農村地域では1〜2万元(約16〜32万円)の仲介費を支払って独身男性がカンボジアの花嫁を探すケースが相次いでいる。カンボジアメディアは、2016年8月現在で中国で生活する中国人とカンボジア人の国際結婚夫婦は7000組あると伝えている。

しかし、記事が紹介した女性のように、各種のリスクをしっかり理解しないまま中国人男性を結婚するカンボジア人女性が多いようだ。(翻訳・編集/川尻)


自分の符丁で言うのならば、不二子るつもりが大失敗だったと。ものほんの不二子ならば、よしんば亭主が親切でも金がないと分かれはとっととずらかる所を、この夫人はそこまで行っていないだけまたましかと。
ここでは、カンボジア人女性は、この女性のみで孤独を感じていると言う記述がありますが、それならば我が国でも、9年前に話題となったフィリピンにおける混血児に関して、「フィリピンに取り残された」などと言う主張は改めて考え物ですな。そうした混血児も、フィリピンにあればこそ友達もいたでしょうに、日本に連れて来られた事で却って孤独感を持った者も少なからずいたのではないでしょうか。「フィリピンに取り残された」だなんて主張は人権派連中の独りよがりですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< ねたみの心理30 | ホーム | 集りの連鎖か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP