プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

面倒の押し付け合い

こどもの日 育てたい多文化共生の力

アジア各国の人々が、コンビニや飲食店などで働いている。今では日常的な光景となった。

 本紙はキャンペーン企画「新 移民時代」で、外国人を地域の「生活者」として受け入れる九州各地の取り組みを追っている。

 無論、隣にいる外国人は大人だけではない。言葉や文化の壁に直面する子どもにも目を向けたい。今日は「こどもの日」である。

 文部科学省によると、全国の公立小中高校で学んでいる外国人の児童生徒は7万人を超す。このうち、日本語の指導が必要な子どもが約3万人いる。

 このほかにも、国籍は日本だが、両親の一方が外国人で、日本語が苦手な子どもが大勢いる。

 こうした子どもの母語はスペイン語やポルトガル語、ベトナム語などさまざまだ。もちろん、生活習慣や宗教も多種多様である。

 学校側には温かい配慮ときめ細かな指導が求められる。同時に豊かな多文化共生を目指す教育を期待したい。

 福岡県大牟田市の市立中友小学校は、地域に多いフィリピン人の受け入れに知恵を絞ってきた。

 保護者を対象に日本語教室を開いている。よく使うフィリピンの言葉を壁に張り、他国の文化を知る学習にも力を入れてきた。何よりも、一緒に学び遊ぶことで、「子どもたちは違いを認め合うことの大切さを自然に学んでいる」と教員は成果を語る。

 埼玉県教育局(教育委員会)はこの春、外国人に向き合うための人権学習指導案をまとめた。

 日本で暮らす外国人の気持ちを疑似体験するロールプレイ(役割演技)などが紹介されている。九州でもぜひ参考にしてほしい。

 多様性を認め合い、尊重する。他人の気持ちを思いやる。さまざまな出自や個性を持つ人々が集う社会では欠かせない姿勢だろう。

 定住外国人と隣人として付き合うことには時に困難や摩擦を伴う。それでも、多文化共生を目指すことが私たちの地域社会をより豊かにする道であることを、教育を通じて子どもたちに伝えたい。

=2017/05/05付 西日本新聞朝刊=


外国人が混じっているのであれば、我々の方でも多少はそれに関する知識が必要になるのかも知れませんが、その一方で日本に居つく外国人の方こそ、はるかに多くの日本に関する知識を持たなくてはいけないのではないでしょうか。まずはそれが先ではないでしょうか。しかし実際には、自らの意志で居ついた割にはそれほどそうした努力をする事なく、ひたすら多文化共生と言うきれいごとに甘えて、もっぱら他人の好意にぶら下がっているだけと言うやからが少なくありません。それが多文化共生の真相でしょう。もし、彼らにしかるべき心掛けがあればそのようなきれいごとは必要なかったはずです。
単純に言ってしまえば、彼らは面倒くさがっているのです。それはけしからんことではないでしょうか。にもかかわらず、そうした事が看過されてしまっている一方で、同様に単に面倒なだけでしかない大多数の日本人の態度に関しては、安易に差別とか、排外と決めてかかっていないでしょうか。
ただてさえ、我々にはそのような願望を積極的に持っている訳ではないのです。自ら、彼ら外国人の文化のいずる場所に住む訳ではないから、その種の能力の必然など感じないのが当然でして、それでも、あたかもそうした物が必要のように見なされるとしたら、頼みもしないのにもかかわらずやって来た外国人の存在に他なりません。
そうした連中のために、余計な事をさせられるくらいならば、来て欲しくないと言う風に感じるのが当然でして、そんな我々の本音を馬耳東風に、自分らの既存の流儀で居つけるようになっている外国人はずるいと言う風に疎ましく思う人間が続出した所で、別段異常な事ではないでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< あいも変わらずの中途半端だ | ホーム | 絶倫ロボに見る男女の性差35 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP