FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

帰化制度の廃止を求む

極右翼勢力と言うブログは、排外志向の急先鋒でして、そこでは、反日的な者は言うに及ばず、別段反日的でない外国人ですら排斥の対象に上げています。その主張の1つとして帰化制度の廃止を主張しています。
帰化とは言うまでもなく、元来外国人であった者が申請して日本国民としての資格を得る行為ですが、日本の場合、少なからず問題の行為とされています。なんと言っても、その帰化人の1人である石平氏が、日本に対する忠誠宣言をその中に加えていない事などを上げて、こんなに簡単に帰化できて良いのかと面食らった程であります。
その結果、別段、我が国に対して忠実たろうとしなくても、単に不二子る手段としての帰化でしかないケースも存在しています。例えば、張景子氏などは、日本国民でいた方が、パスボートの諸手続きが容易だと見なしていて、格別、我が国に対する忠実さを指し示す事はありません。
さて、自分としては、これまで「国籍と定住権」において、誰かの立場に便乗して日本にいつこうやからに関して取り上げてきました。帰化と言うのも、例外とは言えません。曲がりなりにも帰化は、申請する本人の資格、能力と言う物が問われる物ですが、まあ、上記の有様から、それに関する詮索の度合いが甘いと言う事が指摘できます。
しかし、問題は、一旦取得してしまうと、その人物の縁故に連なる者がそれに便乗して、別段帰化などせずとも安易に日本に居つける口実として用いられるのみならず、そうした縁故の者の場合は、簡易帰化と言う制度に基づいて、普通の帰化に比べて容易に帰化できる機会をもたらす事となります。
となると、極右翼勢力で主張する帰化廃止と言う主張もあながち異常な物ではなく、むしろ、これまでの制度の方が異常と言うべきだったのではないでしょうか。

単に不二子るためだけの手段として利用されるだけなら、帰化は廃止すべし!

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 史上最大の潜水艦隊・デーニッツ伝29 | ホーム | 国籍と定住権⑦ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP