プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

中国とどまっていれば、れっきとした職業として認めよう

この道30年のベテラン物乞い、地元に家2軒と車1台=「これこそ社会主義の優越性」「人の生活に影響なければ問題ない」―中国ネット

2017年5月7日、中国メディアの財経網は中国の職業物乞いについて紹介する記事を掲載した。

遼寧省瀋陽市に最近になって突然物乞いが現れた。強い日差しの中、布団にくるまった病人のような人の両脇で、2人の人がひたすら頭を下げて物乞いをしていた。

記者が職業としての物乞いではないかと追及したところ、この物乞いはあっさりと「そうだ」と認めた。調べによると、この物乞いは地元の安徽省には2件の家を所有しており、1軒は約3万元(約50万円)以上、もう1軒は十数万元以上(百数十万円以上)かけて建てていて、周辺でもかなり豪華な家だという。さらに自家用車としてフォルクスワーゲン・ラヴィーダも所有しているという。

この物乞いは張興発(ジャン・シンファー)という名前で、昨年にも山東省済南市で物乞いをしている時に、メディアによって職業物乞いだと暴露された経緯があり、この道30年以上のベテランだ。

これに対し、中国のネットユーザーからは「だまし、偽物。中国的特色だな」「これこそ社会主義の優越性であり、偉大なチャイナドリームだ」など、皮肉を込めたコメントが多く寄せられた。

しかし、「これは危険な職業だろう。毎日道路の塵と細菌を吸うし、まったくメンツのない職業だ。誰でもできるわけではない」「物乞いは職業だ。人の物を盗むわけでもなく他人の生活に影響はない。体力と人としての尊厳を売って稼いでいるんだ。何か問題でもあるのか?」など、肯定的な意見も少なくなかった。(翻訳・編集/山中)


乞食もれっきとした職業で、しかもそれなりの才能がないと勤まりません。しかしそのように認められるためには、それに見合った国でなくてはなりません。中国でなければ、後は韓国くらいか。決して日本には来ないように。日本では決して認められる事ではありませんから。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 自身のふしだらな心こそ1番の敵なのでは | ホーム | 大統領職も韓国そのものも最も面倒くさい >>


コメント

劣等感と相互不信の強い国で、優越感を売る商売人ということですかね。
「お代はお気持ちしだいでございます」(定価はありません)
何世代もサヨクの洗礼を受けて、しかも宗教心の薄弱な個人主義のシナでは、倫理道徳も破壊されていると思います。

日本でも江戸時代には、3日経ったら止められない、とか狂句?があったとか。それも、日本仏教の教えなのか、深情けの現われであって、優越感を感じた人はいなかったんじゃなかろうか。

思い出しました。いつのころか、失業手当が簡単にもらえて、ちょっと就業しては失業を繰り返していた者がいて問題になったことがありました。
シナに失業手当なんかないんだろうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP