プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

決して友好関係にはなり得ない

日本で「共謀罪」法案可決、韓国メディアも注目=ネットでは「軍国主義国家への回帰だ」と懸念の声

2017年5月19日、韓国・京郷新聞は、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」が新設される「組織犯罪処罰法改正案」が、衆院法務委員会で可決されたことを伝えた。

日本政府・与党は、23日に法案の衆院通過を実現し参院に送り、今国会会期期限の6月18日までに成立させる方針だ。一方、野党4党は法案の採決は無効だとして、法案を委員会に差し戻すよう申し入れ、抵抗の構えを見せている。

政府・与党は、2020年の東京オリンピックを控え、増加するテロの脅威に対応するためにも、本法案が必要だと説明してる。特に2000年に締結された、組織的な犯罪集団への参加・共謀などへの対処措置について定めた国際条約「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約」批准のためにも、法案通過が必要とする立場だ。

記事は「この法案が重大犯罪を事前に謀議しても処罰できることから、罪のない人々が公権力による処罰の対象になるのはもちろんのこと、全国民の一挙手一投足が監視される『監視社会』に近づくことへの批判が相次いでいる」と指摘した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「すぐに夜間外出禁止令も発令されるようになる」「監視社会の到来だな。独裁国家と何が違うのだ」「日本は民主主義国家なのか?」「軍国主義国家に回帰している」「帝国主義の亡霊を捨てきれずにいるのだ」など、本法案によって日本が軍国主義に近づくことへの懸念の声が多く寄せられた。(翻訳・編集/三田)


馬鹿の一つ覚えと言うべきか、パヨクと同様なリアクションを起こすのですな。なるほど特亜とパヨクとは親和性が高いと言うのがますます当てはまる話です。理論的には、韓国に対してあだなす行為においても共謀罪が適用されるはずなのですが、もっぱら否定的な考えしかないとなれば、依然として韓国は決して日本とは友好関係を持ちえない国だと言う事がここにもにじみ出ています。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

<< 嘘吐き、ホラ吹き、ペテン師・追加 | ホーム | 中国らしいとしか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP