プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国の場合は厳罰にし過ぎると言う事がないだろう

【コラム】セクハラに寛大なドイツの法律…厳格な韓国で見習うべき

先日、撮影のためにドイツに行ってきた。現地でのスケジュールをこなして友人と飲みに行こうと市内に出た。中間にちょっとトイレに行こうと席を立ったが、ある女性が近づいてきて私の尻を触ってすばやく自分の一行に戻った。それから何事もなかったかのように騒いで笑った。私はどうしたらよいか分からずに慌ててそのままトイレに向かった。ところが後で落ち着いて考えてみると、どうやらセクハラを受けたのだという事実に気がついた。セクハラは男女問わず誰でも受ける可能性がある。

こうした事件に遭遇し、2015年12月31日から翌日の未明にかけてドイツ・ケルン中央駅で起きた集団セクハラ事件を思いだした。ドイツの文化と法をよく知らない1000人余りの男性が互いに約束でもしたように駅を往来していた女性数十人に対してセクハラを行った。警察は現場で誰も逮捕することができず、問題が大きくなった。この事件はほぼ1年間、ドイツで熱い論争を呼ぶことになった。このため、私がもし問題のその女性を申告していたら、警察がどのように対応するかも気になった。そこで関連法を検索してみたところ興味深い事実が明らかになった。ドイツでは職場でのセクハラや強制性を伴った関係は当然処罰の対象になる。だが、職場ではないところで起きるセクハラ、例えば身体の一部を触ったり無理やりキスをしたりする場合には処罰基準がややあいまいだ。暴行や脅迫が伴ってこそ処罰することができるためだ。異性が服を着替えていたりシャワーをしていたりするところをこっそりのぞき見しても、脅迫や暴力がなければ処罰が難しい。ただ、ドイツは侮辱や悪意のある発言に対しては処罰が厳格なほうだ。異性の名誉を傷つけるような性的発言をすれば処罰を受ける。それでも身体部位の接触は侮辱や名誉毀損に該当しないという。

セクハラに関する限り、韓国はドイツに比べて厳格だ。刑法第298条は強制わいせつを「暴行または、脅迫を利用した性的羞恥心や嫌悪感をもよおす身体接触行為」と規定している。セクハラは「被害者の立場で性的羞恥心を感じる場合」という成立要件があるところがドイツとは決定的に違う。このためにサウナやバス・地下鉄など公共の場所で意図せず身体に接触してしまったと主張しても、セクハラを受けた当人が羞恥心を感じたとすればこの規定に沿って処罰を受けることがあるという。

韓国の法規定は被害者の個人的な感覚、すなわち被害者の羞恥心を考慮したという点でドイツよりも合理的だと評価することができる。ドイツもこのような韓国の法律からインスピレーションを得て、もっと厳格なセクハラ規定を作るべきではないかと思う。

ダニエル・リンデマン/ドイツ人・JTBC『非首脳会談』前出演者


韓国との比較では、額面通りには受け取れませんな。性犯罪の度合いが高い韓国にあっては、それに合わせてセクハラに対する処罰が厳格になるのは当然でして、一概に等しく論じられる事ではありませんな。ドイツの側がセクハラに対する処罰を厳格にしなくてはならないであれば、なおの事韓国ももっと厳格にしなくてはいけなくなってしまう事でしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 












スポンサーサイト

<< ねたみの心理32 | ホーム | あれは誰だ・追加1 >>


コメント

セクハラって、心理的なものと物理的(身体被害)とが、ごっちゃにされていると思います。

通勤電車で発生する「セクハラ」ですが、本当に実行する奴なんか、何が楽しいのかと思うけど、冤罪も多いらしいですね。
偶発的な小さな物理的接触が、相手女性の心理的受け止め方ひとつで「セクハラ」扱いされるケースがあるそうです。そうなると、駅員も無視できず、マニュアル道理に「セクハラ発生」と見なして対応せざるを得ないとか。

冤罪を訴えるノウハウなど普通の人間にはありません。「加害容疑者」が、逃走を図ってプラットフォームから線路に侵入して電車にひかれた事件がありました。

「セクハラ」が無かったことを証明するのは、悪魔の証明を要求されるに等しく、それが会社や家族知れたらどうなるか・・・で頭が真っ白になってパニックになって・・・逃走。そして、人生を終わる。
同情してしまいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP