FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

却って怠惰を助長しないか?

皆さんこんばんわ。今夜は北海道新聞からの引用です。

ドライブ
早春の海沿いの急カーブだろうか。それとも地平線まで届く真っすぐな道か。心弾むドライブ。助手席の彼女がハンドルを握る彼に尋ねる。「対向車は怖くないの?」▼彼はつぶやく。「人間てサ、自分は信じられるけど他人はなかなか信じられないものだ―」。札幌出身のシンガー・ソングライター佐々木好(このみ)さんの往年の名曲「ドライヴ」。澄んだ声と哀切な曲調は一度聴けば忘れない▼道路から雪が消え、つい冬道よりアクセルを踏みがちだ。もし、対向車がこちら側車線に突っ込んできたら。もし、信号無視で交差点内に飛び込まれたら。もし、歩道に乗り上げてきたら…。取り返しのつかない事態になることを、私たちは知りすぎるほど知っている▼それでも、「そうはならないだろう」と信じ、いや自らに信じ込ませて車社会で暮らす。京都・祇園の軽ワゴン車暴走など多くの犠牲者が出るたびに事故の悲惨が叫ばれる。が、現在の技術水準にある車という道具を人間が扱う限り、命を奪い続ける。問題の本質は、その事実から目をそらしていることではないか▼当欄でも別の欄でも書いたが何度でも書く。「人を殺さない車の製造と交通システムの構築」を政策に掲げ、その実現に国を挙げて取り組むべきだ▼それは世界に売れる技術にもなる。誰だって、大切な人を突然に奪われる苦しみなど味わいたくないのだから。2012・4・18

世の中、便利すぎるのも場合によっては考え物ですな。ここで取り上げた物に限らず、何に付けても、ある種の「便利」が一旦存在してしまうと、人は往々にして、慣れてしまうと、それが存在する事が当然と言う前提で動くようになってしまう物です。その一方で、その「便利」を維持するために、どこかで誰かが苦労をしているのです。

その一方で、それを享受する人はそれに対する過度の期待から怠惰に走り、あまつさえ、それを前提としたおふざけに走る可能性があります。この場合、車に何がしかの安全装置を付ければ、万が一の場合にも事故は防げるとの事ですが、それが当たり前になってしまうと、却って、万が一に対する備えと言う物を怠ってしまう人が増えてしまうのではないでしょうか。

もし、その装置が機能しない場合、事故ったならばどうなるのでしょうか。装置がない時代ならば、自ら注意して、事故を未然に防ごうと日ごろから心がけている人が、なまじ装置があったために、それに頼って、自ら注意する事を怠り、事故を誘発すると言う事にはならないでしょうか。そして、一旦、事故が生じた場合、自身の不注意よりも、装置の不具合のせいにしてしまうのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

<< しかるべき利益を期待できないから、覆面をかぶりたくなる物だ | ホーム | T-ARAの予約がすごいニダ。アルバムを買うニダの巻 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP