プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

のび太のママも案外ぐうたらなのでは

「100点答案」を褒めると勉強嫌いになる



子どもがテストで100点満点を取った。手放しで褒めたいところだが、ちょっと待ってほしい。国立大学教育学部附属小学校の松尾英明教諭は、「褒めることで、かえって勉強嫌いにしてしまうリスクがある」という。子どもを勉強好きに変える「声かけ」とは――。
■勉強嫌いの子を勉強好きにする「声かけ」があった!

ベネッセ教育総合研究所のアンケート*によると、「勉強が好きな子ども」の割合は学年を追うごとに下がっていくことが明らかになりました。*:2014年「小中学生の学びに関する実態調査」

下がり方が顕著なのは、小学生から中学生になったタイミングです。小学6年生(55.6%)から中学1年生(38.8%)の間でもっとも減少幅が大きくなっています。6年生までは「好き」が過半数だったのに、中学からは「嫌い」が7割近くになるのです。「勉強嫌い」への転換点といえます。

中学生になると勉強する科目が増え、その内容も複雑になることに加え、高校受験を控えているので「テストの点数」という目に見える「結果」がより重視されてきます。「結果」を求められて「比較」される。成績上位者は、いわばピラミッドの先端部分に君臨する、ひとにぎりの生徒たちです。

中学1年生は、より100点に近い者が胸を張れる競争社会の始まりです。

序列の下の子どもはうなだれ、やがて勉強が嫌いになっていく……。例年、そんなパターンを繰り返していますが、教師や親の取り組み方によっては、勉強嫌いな子どもを勉強好きにすることは可能です。以下、教師の現場の視点から、その方法を探っていきます。
「100点」に何と反応するのが正しいのか?

結論から先に言うと、子どもを勉強好きにするには、結果より過程を大切にすることが重要です。結果よりプロセス重視。しばしば言われることではありますが、これがなかなか実践できないのです。

たとえば、わが子がテストで100点満点を取ったとします。親として、何と声をかけますか? 多くの反応は次の3つに大別できます。

A:「100点なんてすごい!おめでとう」
B:「気を抜かないで、次も頑張ってね」
C:「よく頑張っていた結果ね」

一見、どれも大して変わりません。しかし、勉強をやる気になるかどうかなど子どもへ与える影響は全く異なります。それぞれの声かけに対する子どもの気持ちを分析しましょう。
■なぜ、「100点すごい!おめでとう」はダメなのか?

▼A:「100点なんてすごい!おめでとう」の場合

ほとんどの親は、全部赤マルで、×が1個もない答案用紙を見て、こう叫ぶのではないでしょうか。ただ、この発言は「100点の答案用紙」そのものを賞賛したものです。「足の速い子はすごい」のような、高い技能やパフォーマンスへの評価です。この声かけを聞いた子どもはきっと優越感に浸るでしょう。

しかし、「100点=すごい」という趣旨の声かけが積み重なると、「100点以外に価値はない」というニュアンスを子どもは次第に感じるようになります。その結果、100点でない時に、たとえば90点と高得点なのにもかかわらず、ひどく嘆いたり自己評価を必要以上に低くしたりすることがあります。100点を取らないとダメな子だと思われる。そんなちょっと歪んだ意識やプレッシャーを抱くこともあります。

ましてや「90点」を取った子ども対して、親が「なんでケアレスミスをしたの! それがなければ100点満点なのに」と叱責するようなことが重なると、強迫観念から100点を取るために、カンニングなどの不正に走るケースも見受けられます。

「100点なんてすごい! おめでとう」は一見、ポジティブで良い声かけのようですが、競争心が悪い方向に作用するリスクが潜んでいるのです。
なぜ、「慢心するな、次も頑張れ」もダメなのか?

▼B:「気を抜かないで、次も頑張ってね」の場合

これは、「まだまだ」というメッセージで、結果を出すために頑張り続けることが重要だ、という趣旨の声かけです。慢心するなよ、という意味合いが込められていますが、毎回これを続けると、子どもは「どんなに一生懸命やっても終わりがなく、ずっと認められない」と感じてしまいます。

先のAとBを組み合わせる親も少なくありません。「100点なんてすごい! おめでとう。でも気を抜かないで、次も頑張ってね」という具合です。すると、どうなるか。子どもにより強いプレッシャーをあたえることになります。

我慢強い子どもの場合、この方法で一時的に「優秀」な子どもになることもあります。しかし、この声かけで尻を叩き続けても、もし何かで失敗をしてしまうと、その挫折感によって気持ちが深く沈んでしまいます。

徹底した親の「結果主義」の姿勢により、「いい点を取れない自分は価値のない存在だ」と決めつけ、打たれ弱い体質になってしまうのです。そして、一度失敗すると、「次も失敗するかもしれない」と恐れ、チャレンジや努力を放棄してしまう。頑張り続けた結果、突如、糸が「ぷつっ」と切れたように勉強への意欲をなくすことが実際にあるのです。

子どもとしては、親のプレッシャーから逃れるべく「もう勉強しなくていい」と言われるレベルを目指して頑張ります。しかしそんなレベルには「結果主義の親」の子である以上、到達できません。よって最終的には、勉強嫌いになってしまう危険性があるのです。


「ドラえもん」の中では、往々にして、のび太に対して、試験があった時は、ママに答案を見せろと迫られる場面があった物です。しかし、そこでママが詮索したのは上の方に記載される総合の点数ばかりでして、その中身に関しては気にもしていなかったのではないでしょうか。
そして毎度毎度、悪しき点数を見て不快になったママが、のび太を叱ると言う事がお決まりの事として、その後に続いてきます。のび太が札付きのぐうたらである事は周知の事でありますが、こうした場面を思い出すと、ママも案外ぐうたらなのではないかと思ってしまいます。のび太の成績を釣り上げたいと言う願望がありながらも、決してしかるべき便宜を図ってやる訳でもなく、もっぱらのび太の自助努力に丸任せに終始しているように見受けます。
のび太のぐうたらさもさることながら、ママのそうした態度も決して褒められる事とは言えないでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト

<< それ見ろ奴らは狂ってる・3 | ホーム | ねたみの心理33 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP