プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カンニングでもおむつでもなかったか

受験シーズンの中国で「大学入試専用下着」がブーム!その正体は…―SP華字紙


シンガポール華字紙・聯合早報は5日、「大学入試をビジネスチャンスに、中国で入試専用下着がブーム」と題する記事を掲載した。

2017年の中国の大学入学試験が迫る中、試験に向けた準備に余念がないのは受験生と保護者だけではない。企業もこの時を狙ってペンや下着、靴などを売り出している。大学入試をビジネスチャンスと捉えているのだ。このうち、大学入試専用下着は「ストレス発散効果」をアピール。価格は通常の下着に比べ、2〜5割高い値段が付けられている。

カンニングを防ぐため、多くの試験会場では「サイレンス入場」を実施している。金属片を身に付けていると入場検査を通過することができないのだ。このため、一切の金属反応がしない入試専用の下着が大人気になった。これらの商品の販売価格は数十元(1元は約16円)から数百元まで。割高だが売れ行きは好調のようだ。

あるネットショップの担当者は、「大学入試専用下着は『磁気なし、金属なし』で、入場検査に便利。着心地が良く、ストレスを減らす効果もある」と語る。では、この下着には結局のところ、どんな不思議な点があるというのだろうか?ネットショッピングモール・タオバオのある出店業者は「実際のところ、普通の下着やスポーツ専用下着とあまり違いがない。だが、『大学入試』を掲げたら値段を多少高くしても良く売れる」と率直に明かす。一方、受験生の保護者は「こういう下着を薦める知人がいるから、自分も周りに合わせて購入した」とコメント。北京では「サイレンス入場」の規定はないが、入試専用下着を購入する受験生や保護者は大勢いるという。(提供/環球網・編集/インナ、黄テイ)



まずは下のコメント欄から。
>なんだつまらん。 磁気・金属を遮断するカンニング用の下着かと期待して読んでたら、ただの下着で名前をかえただけか。

全くその通りですな。カンニングのための細工をしていたのかと「期待」した物ですがねぇ。後は、試験中に小便がしたくなっても、試験場から出ないで済ますためのおむつだったりと言う勘ぐりもしたい所でした。
ちなみに映画「水戸黄門・助さん格さん大暴れ」では、時代考証度外視の内容になっていて、助さん、格さんは水戸藩士になるための試験を受ける場面があったのですが、受験生の中には小便がしたくなって、断りの口上をせざるを得なくなった物だから、一同の笑いものになってしまったなんて場面がありました。
それゆえに勝手ながら、おむつと言う勘ぐりをあえてさせていただいた次第でして。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 












スポンサーサイト

<< 志願制だから「曹」が「士」より多くなる | ホーム | 国境がないから争いがなくなると言う単純な物ではないのだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP