プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

志願制だから「曹」が「士」より多くなる

自衛隊の階級(上)16等級で22万7000人の秩序を保つ トップ「4つ桜」は4人 「5つ桜」は…

自衛隊は絶対的な階級社会だ。部隊の秩序を保つためには、指揮命令系統を明確にしておくことが必要だからだ。その階級は16等級に分けられている。

 大別すると、上位8階級が「幹部」。中間に「准尉」があり、下位7階級が「曹」と「士」だ。

 実際の人数でみると(平成28年3月末現在)、幹部は4万2478人、准尉4491人、曹13万7898人、士4万2472人。人数構成はピラミッド型になっておらず、ちょっとアンバランスな形になっている。

 上位7階級の「幹部」は、幹部自衛官とも呼ばれる。一般的な軍隊でいう「将校」にあたる。

 陸上自衛隊を例に階級の名称を挙げると、偉い順に、陸将>陸将補>1等陸佐>2等陸佐>3等陸佐>1等陸尉>2等陸尉>3等陸尉。海上自衛隊であれば「陸」が「海」に、航空自衛隊は「空」になる。階級は制服の肩や襟などに付ける階級章で示される。階級章は日本らしく桜をイメージした「桜星」と線を組み合わせた図案になっている。

 幹部自衛官のうち、最も下の階級が「尉官」、つまり1尉、2尉、3尉だ。一般的な軍隊でいえば、大尉、中尉、少尉にあたる。防衛大などを卒業し、幹部候補生学校での教育を終えた新米の幹部自衛官は、3尉からスタートし、昇任の階段をのぼっていくことになる。幹部自衛官の最下位とはいえ、3尉といえば数十人を率いる「小隊長」クラス。ベテランの曹など、自分よりずっと年上の部下を持つこともある。

>一般的な軍隊
一般的な軍隊と言うよりは旧軍と言った方が良いですかな。そもそも外国では少なくとも言語の上で士官と将校との区別ってあるのかしらん。その辺が分かりません。英語では一律オフィサーで良かったような。
さて、一般的な常識によれば低い階級ほど人間が多いように思えますが、旧軍でも二等兵から始まった新兵は半年で一等兵になれると言う事からすると、決して最低階級の二等兵が一番多いとは限らないようです。もっとも、戦時中になって常備兵役でない者を大量に採用してしまえば、その限りではありませんがね。
上記の話はあくまで徴兵制があった時代での話でして、今の自衛隊においては志願制を取っているために、より長く勤めようと言う前提で入隊する者が多くなるのは当然でして、その結果、下士官たる「曹」のウェイトが多くなってしまうのです。いうなれば、兵卒たる「士」は臨時採用か見習いのような物でして、旧軍においても正規の公務員に扱いを受けるのは下士官以上でして、自衛隊にあっても、正規の自衛官と言うのは「曹」以上に限られていました。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

<< 手抜きのみならずサボタージュも気を付けないと | ホーム | カンニングでもおむつでもなかったか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP