プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

絶倫ロボに見る男女の性差39

「絶倫ロボに見る男女の性差」第39回目です。
関ケ原合戦では、日本全体が東軍西軍と言う2派に分裂した状態にありまして、敗者たる西軍に属した大名の多くが改易ないし減封を強いられて、そうした領地は東軍に属した大名に与えられたり、天領へとなって行きました。そしてそれは同時に多くの浪人を生む事となりました。
浪人の再仕官先として、知行アップになった別の大名が望まれる訳ですが、あてになるのは著しく知行アップになった結城秀康のような存在くらいでして、2倍程度の知行アップでも十分に部屋住みであった者によってまかなえたのではないでしょうか。
この後も、幕府が定めた諸所の法令に反した大名が改易になる事で浪人が輩出される事になるのですが、その一方で、改易になった領地がよその大名に与えられる事によってある種の部屋住み対策となった事が指摘できるのではないでしょうか。別段いくさがあって新たな領地獲得ができない割には、ずっと後になってもどこかの大名家の部屋住みの者が若干ながらも領地をもらって、形式的ででも大名となれたケースが少なくないのです。それが可能になったのも、既存の一部の藩の改易による物でして、そう考えると、決して浪人対策と部屋住み対策とは両立し得ない事が改めて指摘できる次第であります。
当然の事ながら、そうした元来部屋住みの者が大名になる事は分家の創出と言う事に他ならない訳でして、それだけにそうした藩は必ずも恒久的に存在させなくてはならない物だと言う事にはなりません。幕府にしても、その部屋住みを部屋住みの状態から解放してやる事にこそ重視していた訳でして、無理にでもその支藩を永続させることを求めていた訳ではありませんでした。
現に本家の方で自前の後継ぎを提供できない時には、そうした支藩の藩主を後継ぎとして認める代わりに支藩自体は「たたんで」しまう事もやっていました。一例をあげれば、徳川吉宗や尾張宗春なども、最初は部屋住みの状態からささやかな領地をもらって形式的な大名であった経験があったのです。共に後に紀州藩、尾張藩を相続する事で、用済みになった元の領地は幕府へ返還する事となりました。
さて、このような形態を取る以上は、独自の大名家として家臣団を創出する事は、本家の規模からすれば容易だったでしょうが、あえてそう言う事はせずに、支藩の統治自体は本家任せで、両名は実質的には依然として部屋住み状態だったのでした。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





スポンサーサイト

<< 我が国に対して日ごろから悪しき思いを抱くからそれしか思いつかない | ホーム | そりゃ隠すわな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP