プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国文化財の将来は捨てられてしまう事だ

盗まれた「文定王后御宝」「顕宗御宝」、米国から韓国へ
文化財庁、8月に一般公開へ


韓国の文化財庁と米国の移民・関税執行局(ICE)は9日、ソウルの徳寿宮石造殿で、韓国側が回収を推進してきた文化財「文定王后御宝」「顕宗御宝」について捜査手続きを終えることで合意した。二つの御宝は直ちに韓国へ戻され、8月ごろ一般に公開されるものとみられる。文定王后御宝は、朝鮮王朝時代の1547年(明宗2年)、先々代び中宗の妃だった文定王后に聖烈大王大妃の尊号を贈る記念として作られたもの。同じく顕宗御宝は、1651年(孝宗2年)に、顕宗が王世子に冊封されたことを記念して作られたものだ。

 二つの御宝はいずれも、1943年に皇室事務官庁の李王室が作成した『宗廟誌初稿』に所蔵の事実が記されているが、その後盗難に遭い、海外に持ち出された。文定王后御宝は、ロサンゼルスに住んでいた米国人が日本で購入して米国に持ち込み、2000年にロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA)がこの人物から買い入れた。

 文化財庁は07年に国外所在文化財の実態を調査した際、文定王后御宝の存在を知り、13年に米国側と捜査共助の推進に合意した。同じころ、この人物が顕宗御宝も所蔵していることが明らかになり、ICEの国土安全保障捜査部門(HSI)が二つの御宝を押収・保管してきた。

兪碩在(ユ・ソクチェ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


韓国での文化財ネタと言うと、盗まれた-取り返すと言う繰り返しのように見受けます。その結果「パタリロ」や「ルパン三世」で見られるような、本来フィクションである話が、あそこではリアルで起こり得ると言うあほな状態でして、こんな有様だと、その内、韓国からみの文化財は買い手がいなくなってしまう可能性が高いですね。何しろ、韓国側から、それは我が国から盗まれた物だから返せなどと言う主張が出て来るんですからね。だったら、そう言う物を発見したら、盗品だと疑ってかかる人間がこれから増えてしまって、その先は、盗んだ下手人の方で、売れないならば、こんな物くずだとどこかに捨ててしまうような事態になるのでしょうねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

<< 奴らの人生は乱れてばかり・2 | ホーム | 日本定住が当たり前ならば⑳ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP