プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

我が国に対して日ごろから悪しき思いを抱くからそれしか思いつかない

「共謀罪」法の成立で日本が軍国主義時代に回帰か=韓国メディアやネットが懸念「悪用するのにぴったり」「在日韓国人のことが心配」

2017年6月15日、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織的犯罪処罰法が参院本会議での採決を経て可決、成立したニュースは、韓国でも報じられ注目を集めている。

聯合ニュースは「日本が国民の心も処罰する国になった」と見出しを打ち、同法の核心が「組織的集団が重大犯罪を計画しただけでも処罰が可能」との点にあると説明、「重大犯罪」とされるものが277に上るなど非常に幅広いことや、「計画のみで処罰可」という部分が恣意(しい)的な法解釈を招く可能性があることが問題視され、野党や市民らが法案成立に強く反対してきたと伝えた。

また合わせて、沖縄の米軍基地移転を主張したり、改憲に反対したりと、政府方針を批判する市民団体の弾圧に同法が悪用されかねないとも指摘、同法がかつての「治安維持法」に似ているとされ、安倍晋三政権による法成立の強行が「帝国主義時代への回帰」との批判を受けているとも説明している。

この他、多くのメディアが同法について「日本を監視社会に変貌させる法律」「第2の治安維持法」などと呼ばれていると伝えたが、このうちハンギョレ新聞は、同法が「軍国主義時代の治安維持法の再来」と言われていると説明、1925年に施行された治安維持法について「国民を監視しその思想自体を罰した法律」で、韓国の国民的詩人として知られる尹東柱(ユン・ドンジュ)が逮捕された際に適用された法律だと詳しく紹介した。

こうした報道を受け、韓国のネットユーザーからも「悪用するにはぴったりな、旧時代的な法律だ」「完全に軍国主義思想からくる法律じゃないか」「日本は戦争を準備中なんだ」「在日韓国人が心配。集まっただけで処罰されかねない」などさまざまな懸念の声が寄せられている。

また、「韓国の1970年代のレベルだ。日本はだんだん後退してるんだな」「アジアの民主主義国家は韓国だけか」「どう考えても日本は民主主義じゃない。マスコミの統制は想像を絶するレベル」「日本は北朝鮮を嫌っているはずなのに、北朝鮮の後を追っている」といった指摘も。

さらに、「政治後進国が議員内閣制を取るとこういうことが起こる」「政治への無関心が生み出した惨事だな」「日本人はみんな工場のロボットみたいに生きているからいけない」など、日本人の政治への関心度について言及するコメントも目立った。(編集/吉金)


アメリカなんかは、往々にして裏工作で南米諸国に独裁体制の国を打ち立てるなんて事をやっていましたな。彼らにしてみれば、共産主義国でなければ、民主主義でなくても構わないと言う事なのでしょう。国家としては、共産主義であると、自国に対して抗う事が懸念されますから。それに比べれば、国民が弾圧されようと、そんな物は所詮はよその国の人間だから知った事じゃないと。
そんな事は、アメリカに限らず、世界の多くの国にとっての本音でしょう。
韓国にとっても、それは日本の内政問題であって、よしんば日本国民がお上から弾圧されると言う懸念を抱いた所で、所詮はよその国の国民と言う事で本来知った事じゃないはずなのですが、あえてそのような懸念のような物を思い付くのは、依然として彼らが日本国に対してどのような思いを抱いているかと言う事を裏書きする話なのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

<< その移民に対する韓国の解釈やいかに | ホーム | 絶倫ロボに見る男女の性差39 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP