プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ねたみの心理35

「ねたみの心理」第35回目です。
「こち亀」の主人公である両さんは、相当な自己中な人間で、多くの人に対して大かれ小かれ迷惑をかけていて、しかもそれに対する自覚がない物だから、当然多くの人にとっては大かれ小かれ「こん畜生」と言う思いが存在している事は否めません。
にもかかわらず、そのようなけしからん人間が主人公であるその作品を嬉々として読んできた物ですが、それと言うのも所詮は架空の存在であって、自分に対しては危害が及ばないからと言ってしまえばそれに尽きる所なのですが、単にそれだけでなく、頻繁に(両さんが)馬鹿を見る事が多いからこそ面白かったと言うべきではないでしょうか。
1つの作品の主人公であるがために表面上ではひいきをして来たものの、内心では、自分もまた「こん畜生」と言う思いがあったと勘ぐってしまうべきではないでしょうか。ただ、現実には両さんが馬鹿を見る落ちで締めくくるケースが少なくない事で、おのずと溜飲が下がって、そうした思いが顕在化しなかったと言うのが現実だったと思います。
もし、両さんがもっといい思いをする形で締めくくる事が多かったならば、それは両さんの迷惑によって多くの人が馬鹿を見て、もっと多くの、両さんに対する「こん畜生」と言う思いが醸成される結果となって、自分にとってもかなり好感度が下がって行ったのではないかと思います。
それに引き換え「ルパン三世」に出て来る峰不二子の場合は、ルパン三世を出し抜いて自身単独の利益を追求する事をもくろんで、それをうまくやり遂げる事が少なくなかった物です。両さんほどに馬鹿を見る締めくくりが多かったとは言えません。そのような状態だったからこそ、主人公でないと言う事もあって、不二子に対しては容赦なく「こん畜生」と言う思いを強く持ち続けるようになった物です。
また逆に、毎度毎度けしからん事を企ててきたのにもかかわらず、毎度毎度馬鹿を見る結果であったならば、タイムボカンシリーズにおける三悪のようであったならば、「こん畜生」と言う思いはなかったでしょう。主観的には不二子に対しては「こん畜生」と言う思いがあればこそ、裏切る、寝返る、条件の良い方にすり寄ると言う意味を込めて「不二子る」などと言う言葉を思い付いたのであって、タイムボカンシリーズの三悪のようであったならば、そのような言葉を創出する事はなかったでしょう。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ







スポンサーサイト

<< 己の願望を日本の願望として押し込む中国 | ホーム | 中国から引き離す事は構わないのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP