FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

コバンザメの地域2

朝に引き続き、「コバンザメの地域」の続きです。
神奈川県ほど、コバンザメのような恩恵に与ってきた県がないのにもかかわらず、黒岩知事の提案する神奈川独立国と言う発想は、思い上がりもはなはだしいとしか言いようがありません。神奈川県ほど東京都に隣接していると言う好環境の恩恵に与って発展してきた以上、そうした環境を度外視した、独自の政策など打ち立てて良いはずがありません。
国の定めにない、独自な決まりを勝手に作って外国人に対して過度な門戸開放をしたならば、そうした外国人の自県への流入を阻止せんと、神奈川県に対してより閉鎖的になってしまうでしょう。そうなっては神奈川県が従前どおり繁栄して行くとは思えません。そして、神奈川県に対して周辺の県が閉鎖的になってしまえば、単なる通過点としても利用できなくなる事を意味し、それは単に神奈川県だけの損失に留まらず全国にとっての損失に他なりません。
なんと言っても神奈川県は東海道なる交通量最大の街道が存在しているのです。この点が千葉県や埼玉県に比べて有利な環境にある事を示す決定的な要素となっているのです。
さて、今度は市に話を転じて見ましょう。神奈川県が最もコバンザメの要素を有する県ならば、川崎市こそ最もコバンザメの要素を有している市と言えましょう。しかもそれは日本国内に留まらず、世界一と言っても良いのではないでしょうか。何しろ、東京都と横浜市の狭間に存在しているのです。
単なる一地方都市と言う視点からすれば、県庁所在都市でもない、それほど知名度が高い訳でもないのですが、よその単なる県庁所在都市は言うに及ばず、静岡市のような政令指定都市でもある県庁所在都市の中でも川崎市に人口で後れを取る市が珍しくない状態であります。それと言うのも、上記のような環境にあるからに他なりません。
主観的には、神奈川県に対するそれと違って川崎市に対しての好感度はそれほどでもありません。何しろ細長くて、麻生区のような所まで同じ市と言うのが感覚的には理解できません。むしろ横浜市に属する鶴見区の方と同じ市であって欲しいと言うのが個人的感想です。
かような地理的環境から、川崎市は市の一体性よりも隣接する市との行き来の方が重要視されるべき有様でして、現に交通に関しても、市を縦貫する南武線は最近になって昼間に1時間1本程度快速が通るのみで、ほとんど各駅でしか移動がかなわないのに対して、隣接市との行き来は、京急しかり、東急しかり、小田急しかり、急行以上の列車がはるかに多く運行しており、しかも、それらは地下鉄との相互乗り入れが行われています。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

<< 第二次世界大戦兵器没落列伝・高射砲編① | ホーム | コバンザメの地域1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP