プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

却って日中友好など感じない馬鹿どもの集まりにしか見えない

日本最大規模の中国残留孤児代表団が訪中、養父母との絆確かめる「感謝の旅」に―中国メディア

2017年6月22日、中国新聞網によると、日本に住む元中国残留孤児101人が「感謝の旅」のため、黒龍江省ハルピン市に到着した。

記事は代表団の訪中について、「黒龍江省は日中戦争の主戦場の1つで、戦争によって両親を失った多くの孤児が中国人の家庭に引き取られた。同省方正県だけで4500人の孤児が収容されたという」とし、「日中国交正常化に伴い日本の孤児団体はたびたび中国を訪れており、養父母との絆が日中両国間の友好の絆となっている」などと紹介した。

今回の「感謝の旅」では、近年で最も大規模となる101人の元孤児が参加。ハルビン市で養父母への感謝を伝えるイベントや、731部隊の展示館訪問、残留孤児関連書籍の座談会などを行った後、方正県の日中友好園林を訪れて養父母の墓参りを行う予定だ。

今年は日中国交正常化45周年にあたることから、大規模な訪中団が結成された。代表団の代表である池田澄江さんは、「戦争は日本の孤児に最も辛い記憶を残したが、最も尊い絆ももたらした。中国の養父母と日本の孤児たちの絆が両国の友好の懸け橋になることを願う」と語っているという。(翻訳・編集/川尻)


丁度当ブログにおいて「日本定住が当たり前ならば」において「○○と××との友好の懸け橋」と言う概念を取り上げている所ですが、自分自身に言わせれば、そのようなきれいごとは少なからず胡散臭い物だとして否定的に考えております。引用文のようなお涙物語状態であるのならば、残留孤児と言われている連中が、本人は言うに及ばず、現地でできた家族セットで日本に移る事に関して何の不自然さも感じないのでしょうか。どうして連中自身は、中国から離れがたしとは思わないのでしょうか。最低でもそのような矛盾さが感じられるべきであって、日本に移る事が当然視されているような現象にどうしても違和感がぬぐえないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ








スポンサーサイト

<< 中国から引き離す事は構わないのか | ホーム | 奴の名はトンスラー・3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP