FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

愛・あい・アイ




火曜日、山梨県へ行った帰りに横浜新道を出て、保土ヶ谷区と神奈川区との境に差し掛かったところで、ラブホテルの看板を見つけました。そのホテルのタイトルは「Hotel Ei」でした。一応、後ろの名詞はドイツ語なので、自分は瞬時に読むことができ、意味がわかりましたが、いったい、どれだけの人が正しくそれを読むことができるでしょうか。看板にはハートも書かれていましたし、何しろラブホテルですから、読めれば「なーるほどー」と言うことになるのですが。


では、今回の冗談行きます。


卵にはがある。


親しい2人は互いに愛なんだー


さて、ドイツ語の発音は英語やフランス語に比べて、書いたとおりにほぼ読めると言うメリットがありますが、例外もあります。今回は複母音について説明しましょう。 aa ee oo のように同じ母音が続く場合は単に伸ばせばよいのですが、 ei eu au の場合は次のように発音します。


ei →アイ (エイではありません)


eu →オイ


au →アオ(ウよりもオよりに発音します)


従いまして、上記の冗談は下記のように書きます。


Ei(アイ) → 卵(中性名詞)


einander(アイナンダー) → 互いに(副詞)


では、愛はドイツ語で何なんだーと言う方に、もう1つ冗談を。


峰不二子にとっての愛はリーベならぬリベートだ。


Liebe(リーベ) → 愛(女性名詞)


Rabatt(ラバット) → リベート(男性名詞)


 愛とアイが理解できたら、クリックしてください。<(_ _)>


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



テーマ : ゴロ合わせ - ジャンル : 学校・教育

<< 宇宙戦艦ヤマトのあらさがし① | ホーム | 闘犬被害で口輪規制 >>


コメント

あちしと違って

スンゲイ高度な冗談やねえ。
uをオみたいに発音するの。
習った気がする・・・


かっぱやろうさんへ

周知のとおり、南太平洋にはパラオがありますが、つづりの最後は U でした。思えば、あそこは第一次世界大戦までドイツ領でした。ドイツ統治時代の命名でしょうね。

時々間違う

英語に慣れると時々間違えますねw
日本で独逸語を聞く機会ってほとんどないですから。

ちなみに、『Hotel Ei』は『ホテル・イーアイ』で『Ei(卵)』は偶然のようですよw
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2004-32,GGLD:en&q=Hotel+Ei

阿麗さんへ

EIはアイじゃなくて、イーアイですか。確かに、そのほうが現実的ですね。これはわたしの勘ぐり過ぎたったのかなぁ。
どうも、ローマ字をありえないと思いながら、ドイツ語風に読みたがる傾向があるようです。Nitteiはニッタイなんて風に。(^0^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP