プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

無分別に総合職を求める時代は終わったのでは

有名大学を出ても一般職を望む女子学生が増加、その理由は?

最近、いわゆる有名大学を卒業していながら、一般職での就職を望む女子学生が増えていると話題になっています。なぜ彼女たちは一般職での就職を望むのでしょうか。

 多くの企業では、総合職と一般職という2つの区分で新卒採用を行っています。総合職は、将来管理職になることが期待される人材の採用枠、つまり幹部候補生ということになります。これに対して一般職は、事務や補助作業などに従事する社員の採用枠です。

 日本社会では、幹部候補生として採用するのは男性という暗黙の了解があり、女性は基本的に補助業務に従事するというのが当たり前でした。しかし1986年に男女雇用機会均等法が施行されたことで、男女差別が禁止され、男女別の採用ができなくなりました。その結果、現在の総合職と一般職という区分が使われることになったわけです。

 現実には、一般職には女性が採用されることが多く、実質的な男女区分はなくなっていません。総合職にはいわゆる有名大学を出た男子学生が応募し、一般職には平均的な4大卒あるいは短大卒の女子学生が応募するというケースが一般的でしょう。

 ところが最近、有名大学に入っていながら、一般職を希望する女子学生が増えているといわれています。正式な統計がないのではっきりとした数字は分かりませんが、ある有名商社における2017年の採用状況を見ると、一般職の出身大学として、慶応大学、早稲田大学、上智大学、青山学院大学といった名前が列挙されています。

もちろん、一般職での就職が多いと考えられる女子大などの名前もありますが、有名校の女子学生が一般職として就職するケースが増えているというのはある程度、事実のようです。

 一部の女子学生が、総合職ではなく一般職を希望するのは、転勤や長時間残業がないことが主な理由といわれます。新卒一括採用・終身雇用という、いわゆる日本型の雇用環境においては、企業は総合職の社員に対して、滅私奉公的な働き方を要求することになります。

 定年まで正社員のクビを切らないことを保証している以上、常に業務に対して少なめの人員で対応し、繁忙期には長時間残業を行うことで、不景気でも解雇を回避する必要があったからです。人材を入れ替えることもできませんから、ビジネスをする場所が変わっても、新たな採用は行わず、配置転換でカバーしなければなりません。

 雇用均等法が存在するとはいえ、日本の会社では依然として男女差別が大きいことが影響している可能性もあります。総合職として就職しても、出世して高い報酬をもらえる確率が低いということになると、チャレンジしてもムダと考える人が一定数出てきても不思議ではありません。

 どのような職種に応募するのかは個人の自由ですが、それぞれの職種には、想定された人物像というものがあります。この部分においてミスマッチが発生しているということは、全体のシステムに何らかのひずみがあると考えた方が自然でしょう。


男でも女でも、もっぱら出世ばかりが人生じゃないと言う事ですよ。出世も所詮はなにがしかの実利を追求する道具に過ぎないのであって、必ずしも出世自体が目的ではないのです。就職する会社によっては、よしんば立身出世がなったとしても、一流企業で平社員をやっている方が給与が良かったとしたら、一流企業への就職を容易ならしめる効果さえあれば、有名大学へ通う意義があると言う物でして、その段階で出世は必須ではないと言えるのではないでしょうか。
それは別としても、もっぱら出世にのみモチベーションを期待すると言うのもいかがな物でしょうかと言う事は以前から指摘できる事であります。当然の事ながら高い地位ほど、供給量が少ないのですから、上級の地位ほど、ますます万人に求めて行くべきではないと言う事でして、大多数の者に対しては、ほどほどの所で済ませると言うのは必然でしょう。
そうした物の道理を度外視して、万人に出世を欲しがらさせる事にのみ汲々としてきた事にこそ、我が国の会社員のやる気がよその国に比べて劣っていると思うのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 











スポンサーサイト

<< 日本定住が当たり前ならば23 | ホーム | それにつけても韓国の軍備は >>


コメント

女性の方にも、「男女平等」につかれている面があると思います。通勤電車で疲れ、ノルマ達成に疲れ、というのが。
一般職だけではなく、専門職に向かう女性も多いと思いますけどね。社労士とか、女性がけっこう多いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP