FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

非武装はゲリラ、テロリストの跳梁を誘引する

国内には、軍隊抜きでも平和が保たれると主張するやからがいます。これまで我が国は久しくよそ国においていくさをしなかった事は誇るべきだと言う事らしいです。それは裏を返せば、よそ国どうしのいくさに関して知らん顔と言う事でもあります。まあ、この事を強調しようものならば、ある種の奇麗事になるから、やめときましょう。
そうした配慮は抜きにしても、この種の主張をするやからの発想は、万事我が国の行ういくさは悪しき物と言う前提があるのに他ならず、とても公平な発想とは言えません。平和を至高な物とするのならば、そう言う発想をよその国にも広めてしかるべきなのに、連中のその種の主張は国内ばかりに留まって、隣国の軍備拡張に関して諫言を行うなんて事はありません。
まあ、公平に言っても、その種の主張を真に受ける国があるとは思えませんし、そもそも、よしんばすべての国がその種の主張を認めたとしても、それで平和が保たれるとは思えません。いくさは国家間ばかりで行われる物とは限らず、非国家組織の元でも行われているのが現状です。いわゆるゲリラやテロリストですね。
どこの国でも公認される軍隊は国家の物だけでして、それ以外の物は禁止されるのが当然であります。そして、大抵の国では軍隊組織のみならず、個人が銃を持つことすら禁じているケースが多いです。
上記に上げる軍隊が、国有と言う事に関して例外があるとすれば、独裁者が国家の枠に外れた私有で持つ親衛隊の類や共産主義国が軍隊を党の軍隊と位置づけている物がありますが、軍隊の本質と言う点から考えれば、国有と言う定義に外れた物ではありません。
軍隊の本質は、いにしえから主権者の秩序を守ると言う事に他ならず、国家間のいくさも所詮はその範疇から存在している物に過ぎず、よしんば国家間のいくさが根絶される事態になっても、国家内の秩序保全のために軍隊は不可欠となります。
国家間のいくさは国際法で制約しても、ゲリラやテロリストの存在は自国や世界に対する責任のない、ただ自身の主義主張専らで考える連中の力によって創出されるものでしかなく、それらを野放しにする事こそ、平和に反する事でしょう。軍隊の存在は国家に対する責任を持つ者として維持する義務があると言えましょう。
ゲリラやテロリストの存在に対する配慮なしに非武装を主張するやからは、ひょっとしたら、こうしたゲリラやテロリストの跳梁を誘引して、自らの台頭を欲する意図があるのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

<< 却って嫌韓を増やした韓流ブーム | ホーム | 加害者遺族が被害者を告訴? 逆だろ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP