プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最も重要視されるべきは我が国に対する忠実さである

彼女に求められているのは「国籍」ではなく「血」の証明ではないのか

民進党は終わっていくようだ。蓮舫氏に戸籍を示させ説明させるという判断がどれくらいマイノリティにとって攻撃的で、かつ潜在的な党支持層を離反させるものであるのか、それすらわからない状態なのだろう。

蓮舫氏が今、行おう/行わされようとしているのは、「忠誠の誓い」だと思う。日本国に対する、「忠誠の誓い」。
それは、「国籍」の証明をもって行われるとされている。

だが、本当にそうだろうか。真に彼女が問い詰められようとしているのは「国籍」なのだろうか。

問い詰められようとしているのは「血」ではないのだろうか。

私たちは、日本国籍を取得した外国出身アスリートが、いつまでたっても「日本人」扱いされない国に住んでいる。私たちは、米国市民権を取った日本生まれの米国在住のノーベル賞科学者を、なお「日本人」だと思いたがる国に住んでいる。
私たちの社会は「血」こそが忠誠の証明だと、頑なに信じてはいないか。

「血」にこだわる社会は、マイノリティに牙を剥く。部落差別。民族差別。外国人差別。混血児差別。などなどなどなど。

疑いの目を向けられたものたちは、必死で自からの「潔白」を証明しなければならない。
「お前は日本人か?」
「はい、そうです、私は日本人です」
「お前は〈本当の〉日本人か?」
「はい、〈本当の〉日本人です」
「ほんとうにか?それをどうやって証明する?」

関東大震災の時、パニックが起きた。朝鮮の人々が井戸に毒を投げ込んだなどというデマが広がった。
自警団が結成され、道を通る人々を誰何した。お前は日本人か、と。

「十円五十銭と言ってみろ」

災害のパニックの中で、証明書はない。見た目もわからない。自警団は、「朝鮮訛りの日本語」で「証明」を行わせようとした。「ザジズゼゾ」が日本人のように発音できない人々が、多数、虐殺された。殺したのは、軍人でも警察官でもない。市井の、町の日本人である。

「血」にこだわる社会の不寛容さは、危険である。
それは疑いの目を向けられたものたちに、常に潔白の証明を求め、忠誠の誓いを立てさせ、愛国の赤誠を求め続ける。
それは「血」からそもそも外れた者たちの居場所を、あくまでもなくそうとする。

「日本人のあなた」は無関係だろうか?
だれが、どうやってあなたが「日本人」だと証明できる?
いつかどこかであなたに疑いの目が向けられた時、「十円五十銭と言って見ろ」と言われた時、あなたはあなたが「日本人」であると本当に証明できるだろうか。
 あなたはきちんと「ザジズゼゾ」と正確に、間違いなく、“日本人のように” 言えるだろうか?
 そのときは「十円五十銭」ではない、なにか別のことを聞かれるかもしれない。あなたはその「何か」にきちんと応えられるのだろうか?

聞かれているのは、「血」なのである。そしてその「血」は、DNA鑑定で決着が付くような科学的なシロモノではない。(DNA鑑定をしたら、「日本人たち」の血族的多様性が明らかになるだけである)
忠誠の証明を求めるためにでっちあげられる、曖昧模糊とした「血」。
あなたは、その「血」とやらを、示すことができるだろうか?

「血」の証明を求める社会にはしてはいけない。
「血」の証明に対抗する思想は、「形式」による証明である。

国籍を取れば、日本人である。
税金を収めれば、納税者である。
免許を持てば、資格者である。

蓮舫氏はすでに現在「形式」を満たしている。
それ以上求める必要は、これっぽっちもない。
さもないと、蓮舫氏に向けられた「血祭り」の刃は、今にこちらを向くことになる。

「国民ファースト」の世界が、すぐそこで私たちを待っている。


>蓮舫氏が今、行おう/行わされようとしているのは、「忠誠の誓い」だと思う。

まさしく我々が求めているのは、この事に他なりません。しかしこの御仁の場合は、その忠誠と言う物が怪しい訳でして、だからこそ、二重国籍の疑念が問題視されているのです。我が国に対してあらかじめ忠実である事が明らかであったならば、意外とこうした事が問題視される事はなかったのかも知れません。
と思ったら、決してそうでもありませんでしたねぇ。仮に我が国に対して忠実であったならば、その時こそ二重国籍疑惑の傷を暴露して、追い落としにかかる連中が出てきた事でしょう。まあ、所属している政党があれでは、そのような懸念は無用で、この御仁が我が国に対して非忠実にふるまうのはある種の必然なのでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

<< ぐずぐずしていると締め出されるぞ | ホーム | これはやりすぎだ >>


コメント

悪しきリベラルは極論を述べます。普通に決め事や信頼関係の問題です。制度を守るか破るかであって、責任を持つか持たないかの話し。

それに、血の証明は大事です。血縁関係を大事にしない民族が世界のどこにいるか。
自分の先祖がどこで何をしていたか、現在につながる何かに寄与してくれたかは誇りにつながるし、自分のテーマにもなります。
ならない人も少なくはないでしょうが、それはリベラルではなく「個人主義」であって、そういう人は一切の血縁・地縁を頼らず、生きていけばいいです。簡単ではありません。
税制や相続もいっさい放棄してもらわないといけませんから。


それに、引用のリベラルくんは、重要な間違いをしています。例の関東大震災の「朝鮮人虐殺」のウソです。
これを細かく調べるまでもなく、なんか変だなと思わない時点で評論家としては失格ではないか。工藤さんという人が詳細に調査しています。
当時の日本には中国人も少なからずいたけれど、虐殺なんかされていない。朝鮮人と間違われた例はあったけれど、それは「日本人ではないから」「外国人だから」という理由ではない。これは不自然なことです。

それと併せて、各所で同時多発しているのは、日本人の排他主義や不寛容とするのは理屈が通らない。震災以前に、何らかの遠因があるのですね。
朝鮮人は犯罪性向が強いという前例が多くて、それをメディアがどう伝えていたかです。「日本人の排他主義」と断定するのは、アカかバカなんですね。それをまるまる信じるのが、ほとんどリベラルのヒトなんですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP