プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

それを言うなら日韓関係こそ無意味な物である

韓国首相、亡くなった慰安婦被害者の焼香所を訪問 「当事者が受け入れない交渉に何の意味が?」

韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は24日、京畿道城南市盆唐区(キョンギド・ソンナムシ・ブンダング)のチャ病院に設けられた慰安婦被害者の故金君子(キム・クンジャ)さんの焼香所を訪れた。

李首相は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が言及した「国らしい国」を作るために「国家が(不幸な歴史に)困惑を感じた国民を慰め、国のために献身した方々に報いなければならない」と明らかにした。

続いて、慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが慰安婦交渉について「容赦できない。本人に聞きもせずに、交渉でもない契約ができるだろうか」と述べると、李首相は「間違ったことが多い交渉だった」と慰めた。

李首相は李さんが悲しみを訴えると、「2015年の交渉がまともなものだったとは考えていない。しかも、当事者が受け入れなかった交渉になんの意味があるだろうか。女性家族部などの部署がいろいろと考えていることだろう」と付け加えた。


ちなみに普仏戦争の最終段階となる、パリコミューンの決起に関して、今のフランスの解釈がどこにあろうとも、少なくとも当時としては反逆者だと言う事でした。ドイツからすれば奴らを始末しなければ休戦は反故にしたと解釈していくさを継続する意図だったため、第三共和国はドイツからの援助の元にパリコミューンの排除を断行しました。
今どきの日韓関係にしても、元慰安婦がごねるのであれば、それは韓国に対する反逆者と言う風にみなすべきでして、それを排除しないのであれば、我が国としては韓国を敵として扱う必要があると言う事になります。こちらとしてはいったん金を払った以上は、韓国の側て丸く収めるべきでして、いまだ駄々をこねているからと言って、それに対する譲歩をする必要などないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 








スポンサーサイト

<< まともな奴などいる物か・2 | ホーム | 携帯用火炎放射器 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP