プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

高層マンション並みな深さ

中国の都市部で地下鉄建設ラッシュ、地下数十階の深さにも―仏メディア

2017年7月24日、仏AFP通信によると、中国では上海、浙江省蘇州や杭州などの各都市で地下鉄の建設ラッシュが続いている。地下数十階レベルの深さまで掘り下げるケースもあるという。参考消息網が伝えた。

上海市では地下鉄14号線が35%延伸される予定で、20年には地下鉄の総延長は830キロに達する見通し。米ニューヨークやシカゴの地下鉄をしのぐ規模になる。

中国の都市人口は、1950年には人口全体の12%だったが、今は55%まで上昇している。中国政府は2030年までに人口の7割、約10億人を都市化させる目標を掲げている。都市化により農村人口の貧困を解消したい考えだ。

これを受けて上海の人口も2000年の約2000万人から現在約2400万人まで急増。30年には約3000万人に達すると予測されている。1日当たりの地下鉄利用者数も4月末、過去最高の1186万7000人を記録した。

中国では大都市への人口集中に伴い、地下鉄建設への投資が急増。16年から20年までで2兆元(約32兆円)を超える見通しだ。建設ラッシュは大都市から地方の中小都市へ波及。内陸部の重慶市では建設中の地下鉄10号線が、「国内最深」の地下94メートルの深さまで掘り下げられたという。(翻訳・編集/大宮)


人口世界一ならば、その中の大都市の中には東京以上に人口過多の所も出てきますな。そして、その深さも高層マンション並みになってしまう所は半端ないですな。そうなって来ると、地下のホームまで行くのに何分かかるかと言う苦労が出てきます。そうなると、当然、どこまで行くかと言う事よりも、地下と地上との行き来の方が手間がかかるんじゃないかと言う事態も十分あり得るのではないでしょうか。
それでも、昨今の猛暑の中では、どんなに近くでも地上を歩くのは嫌だで、そのような上下の苦労を甘受する人間が出て来るのではないでしょうか。先日の記事では、地上の猛暑をしのぐために地下鉄の通路にたむろするなんて話があった訳でして。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ










スポンサーサイト

<< まともな奴などいる物か・3 | ホーム | いつもの通り日本におっかぶせるだけかと >>


コメント

都市化の目論みと地下鉄整備はわからんでもないですが、効率性を確保できるか疑問ですね。

都市化とくれば密室化と遮蔽箇所の増加です。そう犯罪の巣窟化。都市化は犯罪化の増進でもあります。そして、防災を措置をどれほどとれるか。
市民同志のケンカも増えるでしょう。彼らは人口密度の高さに免疫がないから。

これを警察力の増強、市民の犯罪忌避意識がどれほどあるかが試されます。
まあ、無理だと思います。大規模犯罪組織の暗躍と大規模火災(ほぼ人災)のニュースが遠からず世界を驚かすことでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP