プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国は「棄民」先としては好ましくないからか

カンボジアでは「韓国人男性との結婚」「日本刀所有」はNG

「カンボジアで禁止されている10のこと」リストには、韓国の男性との結婚禁止が含まれているという。

 カンボジアの現地メディア「プノンペン・ポスト」は今月6日、「カンボジアで禁止されている10のこと」というタイトルの記事を載せた。禁止リストに挙げられている10の行為には、外国メディアやNGO(非政府組織)による有権者への選挙直前のアンケート調査、台湾・チベット国旗の掲揚などが含まれている。

 また、アンコールワットなど観光地での外国人観光客のいたずら、タイ産鶏肉の輸入、コメを原料とした酒も禁止されている。極めて残忍な犯罪に使われるという理由で、日本刀(サムライ・ソード)の所有も禁止された。母乳の販売もできない。カンボジア女性の一部は、ボディビルダーやガン患者、授乳ができない他国の女性などに母乳を販売して家族を養っていたが、関連産業が大きくなると、カンボジア政府はこれを禁じた。

 大衆歌謡の一部も禁止対象に上った。独裁政権でしばしば見られるように、政権が不穏書籍や禁止曲を指定して表現の自由を制限し、社会のコントロールを試みているものとみられる。

 さらに目を引くのは、韓国に関連した項目があることだ。禁止リストの10番目は「韓国の男性との結婚禁止」だった。カンボジア政府は、韓国人男性と結婚する女性のほとんどが人身売買の被害者とみて、結婚を禁じたのだ。同国政府は、2010年にもこのような措置を取った。

チェ・ラクソン記者
チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版


最後の部分は、理屈では分かるのですが、国内での結婚を禁じる事はともかく、一旦国外へ出て行った者に関してはどのように禁止するのかと言う点で疑問であります。
我が国でだって、外国人が、自国での法律を無視して、もっぱら日本での法律においてのみ事に臨むと言う事がありますからね。しかも、それが日本国内でのみならず、外国にあってもですからね。まあここでは日本人相手の結婚は禁止されていないのですが、ひょっとしたらカンボジア政府の本音は自国民の保護ではなく、金になるかどうかと言う事の方にあるのではないでしょうか。
韓国だからこそ、一旦向こうへ行ったら、虐待され一方で、そのくせそれ以上金にならないと言う事がはっきりして来たのに対して、日本だったら、自国へ送金してくれると言う算段でもあるのではないでしょうか。
しかも我が国の場合は、しょうもない人権団体が保護してくれますからね。「棄民」先としては格好の場所だと言えるのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ










スポンサーサイト

<< いつもの通り日本におっかぶせるだけかと | ホーム | 当然な判決だ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP