プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ただに便乗するのは別段反日国ばかりではない

朝鮮学校への適用命じる=高校無償化除外は「違法」-大阪地裁

国が朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは違法だとして、大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」が国に処分取り消しなどを求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁であった。西田隆裕裁判長(三輪方大裁判長代読)は「法の趣旨を逸脱するもので違法」と判断して除外処分を取り消し、無償化の適用を命じた。

高校無償化除外は適法=朝鮮学校側が敗訴-広島地裁

 同種訴訟は東京や名古屋など5地裁で起こされ、判決は2件目。広島地裁は19日、除外は適法と判断しており、訴えを認める判決は初めて。
 西田裁判長は「拉致問題の解決の妨げになり、国民の理解が得られないという外交的、政治的意見に基づき、朝鮮学校を無償化対象から排除した」と指摘。無償化の目的である教育機会の均等確保とは無関係で、適用の根拠規定を削除したのは無効と判断した。
 朝鮮学校では北朝鮮指導者に敬愛の念を抱き、国家理念を賛美する教育が行われていると言及したが、判決は「就学支援金が授業料に充てられず、朝鮮総連から不当な支配を受けている疑念を生じさせる特段の事情は認められない」とし、適用要件を満たすと結論付けた。(2017/07/28-13:29)


さてこの話に関してはけしからんの一言に尽きる訳ですが、それに関してコメントを書こうにも、よそ様の主張に同心しているだけでは、あえて書くまでもないとと言う事になってしまいます。自分の言葉でそれなりに長く書くにはどんなことを強調すれば良いのか。その点で悩んだ結果、即日(実際のカントリーは翌日以降となりますが)とはできませんでした。
そこで思い付いた事として、そもそも外国人全体にも無償化を適用するのが正しいのかと言う事であります。だいたい無償化はあくまで自国民のためであって、外国人のためではないと言う事に他ならないのです。ここで安易に差別と言う反論が出てくるでしょうが、それがよしんば公立学校だろうとも、昨日今日来た程度の連中の子弟だに等しく無償にすると言うのにも疑問が生じてきます。
自国民であれば、はるか前の世代が払った税金からそうした教育が始まっているのです。
外国人の場合は、そうした前の世代の分を払ったのか? と言う事がないままに、同道させた子弟をただで教育させられるのです。その点には腑に落ちない所があるのです。
こう言う事かあるから、格別反日国の人間だからと言っても、格別歓迎できないのです。ずるい国に至っては、自国民の教育コストを節約すべく、渡航費を与えて日本に送り込んで、後は日本が万事面倒を見てくれると高をくくっている所もあるのではないでしょうか。ちなみにこの事はかなり前に思い付いた事で、丁度この頃になって思い出した事でした。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト

<< 狂気の道が見える・追加 | ホーム | 悲惨 >>


コメント

>西田裁判長は「拉致問題の解決の妨げになり、国民の理解が得られないという外交的、政治的意見に基づき、

裁判長、異議あり!ですな。拉致問題でうんぬんではない。争点はそこじゃないでしょう。制度として1条高などに沿うか沿わないかです。人権問題や教育の自由の問題でもない。資金を受ける資格は国の法令・制度にちゃんとあるのだから、裁判はそれに照らせばいいだけ。
西田という方は、すり替えています。

自分の言葉で書けば、「教育は制度なのだから、自分の国の制度で便宜を図ってもらえ」です。
かの国では、教育は≒洗脳だから、教育じゃないかも知れませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP