プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

よそでは珍事でも韓国では当たり前な事か

韓国軍:部下を下人扱い、過度な序列関係で公私の区別できず

空軍の宿舎の管理兵として服務していた25歳の元兵士は、大領(大佐に相当)や団長が変わって引っ越すたびに、公館にある家具を全て取り換え、掃除したという。引っ越し当日には宿舎の管理兵だけでなく、中隊の洗濯兵、理髪兵、事務兵が総動員された。ある大領クラスの指揮官は、知人が公館を訪問すると「友人にかける布団をきれいに洗って持ってこい」と指示した。この元管理兵は「幹部の間には『ささいなことでも、全部兵士にやらせればいい』という考えが根深くあるようで、苦々しかった」と語った。

 こうしたことは、軍隊の現役兵にのみ起きているわけではない。兵役のかわりに警察で勤務する「義務警察」などでも、同様のことが起きている。警察幹部の下着を義警が自ら手洗いすることは多いという。このため、「根本的な問題は、幹部が『なんでも兵士にさせればいい』と考える文化」という指摘が出ている。過度の序列関係のせいで、公的な業務と私的な件を区分できないのが問題、という分析もある。

 ネット上には「いくら大変だといっても、公館勤務兵は花形職(楽な仕事)で通った」という意見がある。公館兵は、遊撃訓練などきつい訓練から除外されるケースが多いという。しかし、専門家らは「兵士を雑務に動員すること自体、戦闘力の損失」と指摘する。建陽大学軍事学科のユン・ヒョンホ教授は「軍事作戦の側面から見ると、公館兵は必須の補職とはみなし難く、予算を抑えるため維持されているという側面がある。兵士を雑務に動員したら、軍全体の戦闘力が落ちてしまう」と語った。

 朴司令官については、さらなる通報がなされている。軍人権センターは4日、追加の通報者をメディアに公開した。公館兵出身の元軍人だという通報者は「朴司令官夫人は、何事につけ一つも手を動かさず、公館兵を個人の下人のように使った。(朴司令官は)家で(夫人が)どうしているか知っていながら、そのままにしていた」と語った。朴司令官は「苦労してはじめて(公館兵が)楽だと分かる」と言って、最前方のGOP(一般前哨)部隊に公館兵を1週間ずつ送ったという。

ソン・ユジン記者


韓国軍での珍事と言えば、お粗末な兵器、異常なしごき、幹部連中の汚職が既に知られている事でして、ここでの話に関してはそれほど知られた事とは言えませんが、さりとて、韓国社会全体からすればあながち異常な事ではなく、韓国ならば、こうした事があっても別段不思議な事ではないと言えるのではないでしょうか。
最初は珍事と書きましたが、よそでは珍事でも韓国では別段珍事と言うのには当たらないのでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ








スポンサーサイト

<< 日本に来るシナ人は金持ってんだから細かい事言うな! | ホーム | 自国のキャストで済ませばいいじゃん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP