FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

よしんば善行でも安易に広めて良いとも思わない

「ヤマトの兄ちゃん、気持ちが良すぎる!」配達の途中に、突然荷物から離れ?

再配達問題などで、配達員の過剰労働が取り沙汰されるヤマト運輸。「Amazonの当日配送から撤退する」といった報道もされています。

「配達員の負担が大きく、サービスの質が低下している」といった指摘がされることもありますが、ある女性が街中で見かけた『ヤマトの兄ちゃん』は、とても気持ちのいい人だったといいます。
それって都市伝説じゃないの?

住宅街や一部の繁華街などでは、車を使わずに自転車で荷物を運ぶ配達員がいます。

「ネコロジー」と呼ばれる台車を引き、自転車で荷物を運ぶ配達員。

住宅街などでは小回りが利くため、配達の効率を高めることができます。

そんなヤマトの配達員を見かけた、ある女性。その配達員は若く、『ヤマトの兄ちゃん』という呼び名がしっくりくる男性だったといいます。

「ネコロジー」を引き、自転車で荷物を配達していた『ヤマトの兄ちゃん』。すると、何かに気付いたのか、突然歩道の邪魔にならない場所に自転車を停めて、歩き出します。

『ヤマトの兄ちゃん』が向かった先にいたのは、信号待ちをしているおばあさん。

スーパーで買い物でもしたのでしょうか。

複数のビニール袋を持ち、信号の横で休憩をしているように見えたといいます。

『ヤマトの兄ちゃん』は、おばあさんに声をかけ、信号が青に変わると荷物を持って一緒に横断歩道を渡ったのです!

目撃した女性は、こう語ります。

あまりにもベタな美談に、ちょっと笑ってしまいました。

こんなに気持ちのいい男が実在するのか、と。

周りでこの光景を見ていた人たちも、心なしか笑顔になったように見えました。

忙しい時に、他者に対して優しく振る舞うことは簡単なことではありません。相手が見知らぬ人であれば、尚更です。

しかし、『ヤマトの兄ちゃん』は仕事の手を止めてでも「助けてあげたい」と思ったのでしょう。

困っている人がいたら助ける…やりたくてもなかなかできないことをサラッとやってのけた『ヤマトの兄ちゃん』を見て、周囲の人たちが笑顔になった気持ちが分かるような気がします。


余りこうした事を称賛するのも考え物です。こうした善行はせいぜいこの場限りにして、周囲はそっとしておくべきです。会社(ヤマト運輸)も安易にこうした事を美談として社内や周囲に広めないでおくべきです。と言うのが自分の見解です。
何しろ、現場の苦労で、自身は中に鎮座して何もしないでいられる中の連中がいい奴面できたとしたら、配達員の側としては結構むかつくと思うのですよ。所詮は自身にとっても会社にとっても金にならない事で余計な負担をしてしまったと言う事に他ならないのです。直接恩恵に与った人にしてみれば感謝に尽きないでしょうが、その一方で割を食らう人間もいるのです。配達を待つ人の中には、いろんなよそでの事情も知らない事で、もっぱら自分が受け取る物が遅延した事にばかり意識が行って、それに対して容赦なくクレームを食らわす可能性だってあり得ます。
そう言ったリスクがある以上は、安易にそうした善行をしたくない、そんな余裕がないと言う配達員も少なくないはずです。しかし、こうした美談のおかげで、無責任にそうした善行を期待する人間が増大して行かないかと言う点が気がかりなのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト



<< 狂気の国家大姦民酷・追加2 | ホーム | そんな程度で永住権は大盤振る舞いだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP