FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

朝鮮戦争映画で「トコリの橋」はあったけど

建設中の橋崩壊、橋脚の手抜き工事が原因か

26日午後、京畿道平沢市内で建設中の「平沢国際大橋」が崩壊した事故で、崩れた床版(しょうばん)4枚のほかに、床版を支える橋脚5本のうち1本も崩れていたことが分かった。このため、橋脚が手抜き工事だったのではないかとの疑いが浮上している。橋脚と床版のうちどの部分が先に崩れたのか、究明するためにはさらなる調査が必要とみられる。

 工事は、地上であらかじめ床版を製造した後、油圧ジャッキを使って床版を橋脚上に少しずつスライドさせて固定する「押し出し工法(ILM工法・Incremental Launching Method)」が採用されていたが、この作業過程で問題が発生した可能性があるとの見方もある。ILM工法は韓国国内の橋の施工に広く導入されているが、これまでに崩壊事故が発生したことはなかった。ただし、事故が発生した平沢国際大橋のように往復4車線、幅27.7メートル規模の広い橋にこの工法が適用されたケースは初めてだという。

 韓国国土交通部(省に相当)は同日、専門家12人からなる建設事故調査委員会を立ち上げ、活動を開始した。委員会は60日にわたり事故原因を調査し、再発防止策を取りまとめる予定だ。

 委員長を務める延世大のキム・サンヒョ教授は事故現場を訪れ「橋の床版の崩壊事故は、設計段階でのミスか、設計者の意図を施工者が誤解していたために発生するケースがほとんどだ。ILM工法は30年以上にわたり使われてきた工法であるため、さまざまな可能性について検討したい」と話した。

平沢= 権祥銀(クォン・サンウン)記者


戦争映画では、橋を舞台とする物がいくつかありますが、韓国ではとてもそうした映画は成り立ちませんな。
映画「レマゲン」鉄橋では、冒頭で負傷者を乗せている汽車が橋を渡り終えるのを待って爆破と言う場面がありましたが、朝鮮戦争では、大統領は我が身大事で、他の避難民がまだ橋を渡っているのをお構いなしに韓江にかかる橋を爆破してトンスラしてしまいましたな。
敵の侵攻を阻止すると言う点では、そんな状態の方が却って良いのでしょうか。こんな国が相手では、橋を占領する意味がなくなり、そうなって来ると、概念としてはあっても、言葉として橋頭堡と言うのが成り立ちませんな。もっともあの国には漢字がないですから、橋と恥の区別も付けられようがないでしょうがね。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















スポンサーサイト



<< 役職・身分のかけ持ちと転籍③ | ホーム | 自分のせいじゃないと思い逃れの親 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP