FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

傍若無人のランニングに喝

みなさんおはようございます。まずは新聞からの引用文をご覧ください。

ランニングブームだ。都心や住宅地で走る人を多く見かける。しかし、道路交通の上で危険が増えているように思う。自転車同様、街を走るランナーも法律で規制する必要があるのではないか。
先日、自転車に乗っていた時、横を見向きもせず、前を走り抜けるランナーにぶつかりそうになった。街で見かけるランナーたちはほとんど周囲に注意を払っていないようだ。しかも、減速もせずに前に飛び出してくる。さらに危険なのはヘッドホンやイヤホンを付けたまま走っている事だ。最近は、車の音も静かである。車の気配を感じる事さえ難しいだろう。ランナーは「歩行者」だから、仮にその不注意で事故が起きたら、車や自転車の責任が重くなるのだろう。
これらを防ぐために、警察は歩行者や児童に対する以上に、マナーの周知や取り締まりをしてほしい。(引用ここまで。6月1日分)

当ブログでは、昨年末「自転車の無謀運転は弱者利権の1つ」と言う記事を取り上げました。そこでは自転車運転のエゴによって引き起こされた事故に対する処分が示されています。
今回の場合でも、似たようなケースが起こりうる事を念頭に置くべきです。かように、周囲に対する配慮がないのでは、ランナー自身のエゴによってどうとでも進路が決められて、その場合、歩行者ならば大したダメージとはならないでしょうが、自転車ですらも場合によっては大きな事故を誘因する事になるでしょう。
ランナーに衝突しないよう、急ブレーキをかけざるを得ない事態になったならば、自転車でも自動車でも大事になるかも知れません。そう考えると、この投書人の主張には大いにうなずけます。

バシッ(>_<;)\( ゚Д゚#)カーツ


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

<< DUCEのAKB評 | ホーム | この期に及んでもチョッパリはウリたちをいじめるニカ? の巻 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP