FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

インドと北朝鮮が等しく見られるはずがない

〈高演義先生の情熱教室 18〉お笑いニッポン外交

「公平・公正」はいずこに? そして「二重基準」の罪悪

長く生きていると、ときに不思議なことに出くわし、あきれ返ることがある。

9月中旬、日本国安倍首相が世界に名だたる核保有国・インドを訪問、莫大な経済援助を申し出た。「北朝鮮包囲網」作りの代金である。これには無論日本国民と在日朝鮮人の血税も含まれている。

出発直前、いつものように空港でコメント――「国際社会」と協力してあの国の政策を変えなくては、と。(よその国のことまで心配してくれてありがとう。ただし、朝鮮がニッポンに「政策を変えて明日から社会主義をせよ」などと内政干渉したことなんて一度もないからね。)

インドといえば、核不拡散条約(NPT)非加盟を堂々と表明し独自の核開発を続けている国だ。そんな国に、大国ニッポンは原発、インフラ援助、投資・融資と、これでもかとばかりに寄り添っていく。

一方、朝鮮民主主義人民共和国はというと、これまたNPTから堂々と合法的に脱退、自主的核開発を徹底した自衛的原則にのっとって行ってきた。

まったく同じ核開発国である。なぜ安倍クンはインドに対するように朝鮮にも援助を試みないの?


インドと北朝鮮とを全く等価だと思っているのか? そっちの方がちゃんちゃらおかしい。いにしえから我が国を公然と敵視している国をインドと等しく見られるはずなどないでしょう。ましてやそんな国を援助の対象としないのは当然の事。
ここでは、在日朝鮮人の税金がインドには使われて北朝鮮には使われていないと言う風に、ある種の不公平感を漂わせる記述がありますが、そんなに北朝鮮に対する貢献がしたければ、日本から出て行って北朝鮮で暮せば良いのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















スポンサーサイト



<< ねたみの心理44 | ホーム | 日本に居つく事を意図しているからそう考えるよな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP