FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

別に来て当然と言う訳でもあるまい

どうして中国に来たことのない日本人まで「中国が嫌い」って言うんだろう・・・=中国報道

日本では中国に対するイメージはお世辞にもあまり良いものではないと言えるだろう。言論NPOが2016年に行った「第12回日中共同世論調査」によれば、中国に対する印象が「良くない」と回答した日本人の割合は9割に達した。

 なぜ日本人の中国に対する印象は「良くない」のだろうか。日本人は中国を嫌っているということなのだろうか。中国メディアの今日頭条は14日、「日本人から見た中国」について分析する記事を掲載した。

 日本に住んでいるという中国人筆者は、実際に日本人に「中国をどう思うか」と尋ねてみると、約8割の人が「よく分からない」と答えると指摘。つまり、多くの日本人は中国に対する理解が不足しており、メディアからの情報で漠然としたイメージを形成していると論じた。

 また記事は、中国に関する日本の報道のほとんどが、「大気汚染」、「爆買いする金持ち」、「うるさいうえに列に割り込む」、「食の安全の問題」の4つだと指摘。判で押したように同じ報道を繰り返し、日本国民も報道を鵜呑みにしているため、なんとなく中国が嫌いになっているのだと、日本メディアと日本国民双方に苦言を呈した。

 しかし、一部では中国に対して「好き嫌い」がはっきりしている日本人もいるという。「中国が嫌い」なのは、政治家や政治好きの人、そして記者だと主張。これには領土をめぐる対立や歴史問題が大きく関係しているようだとした。また、「中国が好き」な人は、中国旅行が好きな人や中国在住の日本人で、実際に中国に来てみれば報道との違いを実感できるはずだと論じた。

 報道によってイメージが形作されてしまうというのはどの国でもあることだと言える。訪日中国人の増加とともに中国人の日本への好感度は上がっているが、日本人も実際に中国へ足を運ぶとイメージが変わるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


嫌いだから行かない。ただそれだけの事です。そう言う発想があっても良いでしょう。大抵の場合はそんな物でしょう。遠路はるばる、あらかじめパスポートを用意し、ビザまで発行してもらうほどの面倒くさい事が必要なのです。あらかじめしかるべき期待が持てないようならばどうして行くでしょうか。その辺のところは別段中国だからと言う事に限った事ではありません。生半可な好き程度度では行きたいはずなどないじゃないですか。それくらいならば、ある種の「嫌い」が顕在化するのも仕方がないかと。
この中国の記事は、度を超すと、来い来いとごり押ししているようにも受け取れます。別段嫌っていないのなら来て当然だと決めてかかるのであれば、それこそ嫌悪を増長させる事となるでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















スポンサーサイト



<< 責任能力がないと言うのが食わせ物だと思う時がある | ホーム | ねたみの心理44 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP