FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

審判にとってはリスクのみ残ると言う話かと

読者の意見:韓国スポーツの審判も請託禁止法の対象にせよ

施行から1年を迎えた「不正請託および金品など授受の禁止に関する法律」(通称:金英蘭〈キム・ヨンラン〉法)」は透明な社会を築くのに大きく貢献した。とりわけ私立学校の教員による不正が一気に減少したことは高く評価されている。

 今後適用対象を広げることは決して簡単ではないだろうが、それでもスポーツの審判はぜひとも対象に含めてほしい。つい先日、プロ野球の元審判が不正に関わっていた事件が発覚したことからも分かるように、審判たちの横暴は昔からスポーツ界にとって頭の痛い問題だった。その気になれば不正な判定で勝負を左右することくらい簡単にできるので、指導者や選手の親たちは審判に何も言えないのが実情だ。そのため大きな大会の前になると、チームや学校関係者らが審判らに寸志を手渡そうと必死になるのは今や公然の事実だ。試合が終わった後に敗れたチームの監督が審判を引きずり回すようなケースも珍しくない。そのため審判たちとどこまで親しい関係を築けるかは、今やチームスタッフたちの力量を評価する基準にもなっている。審判による横暴の実態は一般人の常識をはるかに超えているが、特に冠婚葬祭に関してはガイドラインもないため、巨額の現金をいくらでもやりとりできる。プロスポーツの場合は特に深刻だ。

 請託禁止法の施行により公務員社会が一気に浄化されたように、この法律の対象にスポーツの審判を含めさえすれば、スポーツ界も今よりずっと公正・公平になるだろう。せめてプロスポーツの審判だけでもその対象にぜひ含めてほしいものだ。

キム・スインさん(スポーツコラムニスト)

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


勝負事が絡むだけに、ある種の詐欺がまかり通る話かと。お金を渡した側からすれば、場合によっては払い損でなしのつぶてになったと言う事だって少なからずあり得るでしょうが、一方の審判からすれば、単に二股かけていて、自分により多く払った方をひいきすると言う、一種の入れ札のような感覚でしかなかったのでしょう。

<丶`∀´>詐欺とは表現が悪いニダな。あれは単なる入札だったニダよ。自分にとって有利な判定を引き出したいニダならば、相手よりももっと多くのお金をウリに贈るニダ。

とは言え、敗れた側が審判に対しておいたしようと言う行為が存在している以上、山吹色のお菓子を禁止しても、依然として脅迫と言う手段は残って、審判にとってはうまみがなくなるだけで、どちらか一方から痛い目に出くわすリスクだけはなくならないと言うある種の理不尽が残る事でしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< すぐに楽観視するのが韓国の倣いか | ホーム | どっちにこいても罪の意識がないからな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP