FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全く無用と言う訳でもあるまい

公立学校はサラリーマン養成所

子どもたちは教育を受けるうちに、どこかの時点で、自分の職業につながる教育を選択します。
 その選択の時点が、今の日本では、あまりに早い時点になっているのではないでしょうか。それも、選択ではなく、それしかないという形でコースを押し付けられます。どういうコースかというと、サラリーマンになるコースです。

小学校が、まるでサラリーマン養成所のようなものになっているためです。

 このコースには、明示されていないカリキュラムがあり、次のようなことを子どもたちにまず身に着けさせようとします。
・休まない、遅刻しない。
・ノルマを達成する。
・評定をよくするために働く。
・無味乾燥さに耐える。
・命令に服従する。
・褒められたい、叱られたくない一心にさせる。
・仕事を家に持ち帰る。

 いずれもサラリーマン生活で、苦痛の大きい部分です。大人たちが、自分たちが耐えなければならないことを子どものときから耐えさせようとする。「社会に出れば厳しいんだから」が、この人たちの口癖です。

 しかし、休まず遅れず指示に服していることなど、簡単なことです。大人になれば当たり前にできます。子どものときはなかなかできませんが、それはもっと他にやりたいことがあるからできないだけです。その、もっと他にやりたいことが、人間発達の上からは重要な意味を持っています。

 中学生くらいまでの年齢は、もっと人間としての基本的な身体や感覚や情動を作っている時期です。子ども時代はかけがえがありません。

 いまの小学校、中学校は、結局のところサラリーマン養成所になってしまっています。そうではない、もっと人間の発達に即した教育が、切実に必要とされています。


それが良いかどうかはともかくとしても、教育と言う物はそのようになって行くのがある種の必然なのではないでしょうか。そのような表見に至るような画一的な物になってしまうのも仕方がありますまい。あえてそれでは駄目だとか、それだけでは駄目だと言うのであれば、それは家庭で解決するしかないでしょう。
しかしそうなって行くと、就ける職業はもっぱら自己完結的な物しかなり得ない度合いが高くなって行くのではないでしょうか。江戸時代以前でも、所属する組織ごとの教育と言う物が結局必要になっていた物です。もっぱらサラリーマン養成所的な発想になってもいけないと、さりとて多様性が行き過ぎる事も良くないのです。そうした所のバランスが問われる所ではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 








スポンサーサイト



<< 自分が悪いと言えばとことんたかられるから他人ごとに徹するしかない | ホーム | 単なるトランジットまで勘定に加えてもねぇ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP